[掲示板に戻る]
過去ログ[16]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[45422] 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/05/27(Fri) 22:42
な〜んかもーだれもみてないっすかねー

まー今さらなんすけどね
レンジでみててもじょーずに落とせてる人ほとんど見ねぇーすねー
ロングアイアンはずしてFWいれるヤツがおおいからかなー
アマのスイングはお助けクラブのせーでますます悪くなるよーに思えまつww

落ちると落とすはまるで別物つ
やっぱ落ちるにならんとなー
そーゆーオレもちょーしが落ちると落ちなくなってるっすね(ダジャレじゃねぇーすよw)
そーゆーときレンジ行って落としてみるっす
落ちるよーになるまで
そのときラインも距離も高さも気にしねぇーでつ
人からヘタクソにみえても全然気にしねぇーでつww

落ちる=自然落下
落とす=強制落下

強制落下ではラインが出づらいすねー
ヘッドの加速もバラバラなんで距離も合わねぇーしね
DRだけは強制落下もアリかと思ってたつw
でも間違ってまつね
飛距離とラインは相乗関係にならんとスイング自体が間違いつ
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:taka 投稿日:2016/05/28(Sat) 07:40
落ちるって今一つ、わからないのですが、いくら、高いトップを作っても落ちる瞬間に肩の捻転がほどけるのでは?それなら、できるだけ、上げないスイングをしたほうがいいのでは?ダウンで、緩みやすいスイングは、どうなのか。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/05/29(Sun) 13:48
そもそも捻転が足りねぇーすね
高さはかんけーないすね
肩を入れる
下半身はすでにダウンにはいっている
肩の向きをそのままに真下に落ちるすよ
ココで捻転MAXつね

緩みやすいスイング?
まるで逆・・・つ
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/05/29(Sun) 18:35
まーずアマのスイングは右いって左でつ
だからトップから上も下もいっしょにダウンにはいるっすよね
同時症候群・・・でつ

これじゃーゴルフボールを少しでも下からかち上げるしかイメージできねぇーでつ
DRは当たってもきほんスライスだし最大飛距離は右プッシュ方向にしか出ねぇーんでつ

アイアンもれんしゅーして下からはいる軌道を少しでもレベルに近づけることをおぼえて何とか打つけど
しょせん下からは下からなんでレンジのマットにかるくダフリながら打ってる
なんか満足気な顔してるっすけど・・・・・


この技をしゅーとくするのはタイヘンな努力だろーと感心はしまつ
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:なんだかなー 投稿日:2016/05/30(Mon) 08:31
あーあ様
テイクバックでインサイド、フォローで左肘引ける、なおりますでしょうか?
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:素人 投稿日:2016/05/30(Mon) 15:30
ゴルフスイングは、下半身だけ考えれば良いです。膝だけね!
コレさえ出来たら、勝手に落ちます。上半身から落としてはいけません。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:Q 投稿日:2016/05/30(Mon) 17:20
それにしても、あ〜あさんは、外さないねぇ。
色々やりたくなるのが、ゴルファーの性だと思うんだけど、、、

多少、関連してるので、↓のアマゴルファーさんのスレに書き込みしました。
一ヶ月以上前に書いたものなんだけどね・・・。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:老爺 投稿日:2016/05/30(Mon) 19:58
あ〜あ さん
 お久しぶりです。相変わらずS.W中心で良い音出す!の練習です。
 その所為か・・。アイアンセットが昔仕様のDGR400なんかが着いてる方が軽いツアーAD650を入れたものより良い感じを得ております。「自然落下」をより自然に感じ得るのでしょうか。アイアンに飛距離を求める邪心からも解放されました。
 「振れる範囲で重いモノがよい」は名言と感じます。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/05/30(Mon) 23:00
おおおーみなさんお元気ですたかーww
さっぱりカキコがないんでちょっと書いてみたすよ

なんだかなーさんHNがオレみたいでつねw
どちらも腕をよこに振ろーとゆーきもちがなくなれば直っちゃいまつよ
腕も手も胸の前にあげておちるだけー・・ガンバ!

素人さんって?
勝手に落ちるのがいっちばん・・つね
膝だけっちゅーのはよくわからんでつけど確かに下半身がだらしねぇーとダメでつよね
オレのちょーしが落ちるときはたいてーコレでつ(苦笑

Qさん元気そーでww
いやいやレンジではけっこーいろいろやりまつよ
いいーたま打つれんしゅーはすぐに飽きてしまうんで・・つ
で・・やっぱコレだなって自己満足するんでつww
ココから外れなねぇーのはいろいろあるけどDRの飛距離に満足してるから・・がいちばんかな?
Qさんのお話はおもしろいのでまたいろいろ教えてくださいでつ

老爺さん
おっしゃってることよーくわかりまつでつ
じゅーりょくを使うのにもぜったい有利でつ
ほんとーは腕もぶっといヤツはじゅーりょく使えるんでつけど・・・
腕がぶっといヤツはたいてー腕力でおもいっくそ横に振ってまつねwww
老爺さんは自然落下の底辺で左手の中でテコを感じてまつか?
掌の小指側が底辺に達してテコが自然発生しまつ
左手が下なんで必ず右手が上でクラブが正しい姿勢で飛んできまつww
体重移動しねぇーでがまんして待ってれば自然発生しまつ
脚を微塵もうごかさないで・・っていーましたよね
コイツを有効につかえればバカらしくて横に振る気なんか微塵もなくなりまつ・・でつ
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:なんだかなー 投稿日:2016/05/31(Tue) 06:11
あーあ様
インパクトの際、腰がボール側に近づき傾向に有ります。これは飛ばす意識が強く左つま先に過重がかかり過ぎてる弊害なんですが…。 
確かにこれも、手を上げて下ろすだけなら、おさまりマスね!
下半身不動に、上半身は胸の幅に手の位置をキープ。ってことですね。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/06/01(Wed) 02:29
なんだかなーさんは自分でかなりわかってるのでつね
ボール側に腰が寄るから左腕があまるんでつよね
あまった左腕では肘はひけるしかないんで・・あたりまえ〜w
ところで
老爺さんには以前すこしレスをしていました
なんで
脚を微塵もうごかさない・・て言葉になりまつ
なんだかなーさんは鵜呑みにしねぇーほーがいいでつ
下半身不動とは言ってねぇーつ(苦笑
ん〜
脚も足もその場で微塵も動かさねぇーで踏ん張っても足も脚もきょーりょくにひねられまつ・・でつ
だから
腰はその場できれるし膝もしぼられまつよね
下半身がふどーでは球打てねぇーでつ
言葉はむずかしーんでつよね
まずはボールにつっこまねぇーよーになるといいでつね
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/06/01(Wed) 02:39
Qさん

オレのスイングはずーっと前からキム・ハヌル・・でつww
切返しからずーっと右脚軸でさいごにブラッシング・・でつ
右ふとももの前側にかなりふたんがたまりまつ
三連荘四連荘のバックナインではさすがに疲れまつ・・でつ(苦笑

で・・・
イボミにあこがれたりしまつww
切返し前から左ケツをまわして・・正面でブラッシング
アレで軸がぜんぜんブレないコツはなんでしょー
ご教示いただけまつでしょーか

オレ的には
ハーフブラッシングで後半のV字はかなり鈍角・・なのかな???
つーか
マネしてもハーフブラッシングでしか打てない
長丁場ではゆーりかも・・と思いつつ
のりかえる勇気もないくせに・・・・・
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:なんだかなー 投稿日:2016/06/01(Wed) 07:43
あーあ様
ご教授ありがとうございマス。
解っているつもりでもなかなかできナインですよねー。
頑張りマス。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:Q 投稿日:2016/06/01(Wed) 15:56
質問からは、だいぶんズレるかも知れませんが・・・。

僕が、最初に教えてもらったスイングは、右太ももから右おしりに力を込めてカツドンで打つ、、でした。
ドーンドーンしている内に左肘が痛くなって、プロに、
「休んだ方がイイ?」
って聞いたら、痛いとこ調べられて、
「練習しても大丈夫、でも、さっと振って、同じ飛距離で打ちなさい」
って言われました。

右太ももに力を込めて、って感じじゃなく右の股関節に体重をはめてさっと振る。
で、普通に振って行くと頭の位置が動くんで、ボールを左足のかかと下に置いて踏んで振ると、その場でクルンと振れるようになりました。
多分、下半身は、弱アッパーなんだと思います。


楽そうに見えるんだけど、練習量が必要なスイングになるので、故障しがち。
特に右股関節等は、筋肉痛か、故障か判りにくいんですよね・・・。
それと、左足の足首。
ここも負担大で、炭酸と言うかサイダーを足首に入れた?みたいな感覚が出たら、危険信号。
左足の甲から薬指の方に掛けては、慢性的に痛いかも。
疲労骨折の一歩手前なんでしょう。

あ〜あさんは、故障少ないでしょう?
故障するとね、確実に闘争心がそがれて、歩くのさえ嫌になるんです。

試合とかで、
「普段の飛距離は、だいたい一緒なのに、時々20〜30yd置いていかれる」
って言っている人がいますが、そのスイングはオプションで普段使えないスイングなんですよね。
身体に負担が大きすぎて、普段使えない、、けれど抑えて振れば見た目とてもキレイで、楽そうに見える。
楽そうに見えるだけなんだけどねW
数年前から、あ〜あさんの探していたスイングは、それなのでは?
プレッシャーには弱いスイングかな。
なので練習はしっかりしなきゃ、になります。

↓のマンチャイさんのスレのスイングもその系統が入っているんです。
順序どうりに練習していけば出来ると思います、が!!!
どのくらい、練習量が必要か、知ってて教えている人はいないと思います。
僕が、たまたまそのスイングに近づいて行ったのは、病んでいたからですWWW
考えたくないことがあって、考えても仕方なかったので、一日六時間位、ずーと、ひたすら打ってたんです。
そしたら、やりたいことが大体できる様になってたって感じです。

あ〜あさんは別にして、
ここ見ている人は、枝葉の理論にすぐ飛びつく。
先にしなきゃいけない事は、まともなプロのところに習いに行けば、すぐに教えてもらえる。
ツアーに出ていて、勝ったことがあるプロに習うのがお勧めです。
まぁ、普段あ〜あさんが言ってる内容と同じなんだけどね。
そこで「何とかなりそうなやつ」の称号を勝ち取るのが先。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:老爺 投稿日:2016/06/01(Wed) 16:18
上半身の力は抜いて、脚は下半身が「みじんもぐらつかないように」最大限に使います。ダウンに入るときに逆回転腰使いをトライすることもあります。「ぎっくり腰」の恐怖を感じることもあります。
ヘッドの走り、プレーンを感じることがあります。
 「脚不動」を決心して、臍の回転でバックとフォローを一息に駆け抜けます。
 ボクは左脚前部の張りがでます。足(脚)が物凄く疲れます。
やり過ぎでしょうか。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:taka 投稿日:2016/06/01(Wed) 19:35
イボミちゃんのスイングを後方からみてみると、ダウンは、直線的なプレーンにのって、インパクトにむかっていると思うんですが、どこが落ちるとことか、おもっちゃうんですけど。プレーンとかの考え方と、違うんですかね。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/06/01(Wed) 22:17
老爺さん

歩いてまつか?
足腰は常に鍛錬・・でつ
オレはほとんど毎日走ってまつw
左ももの前やスネのテンションはいい・・でつ
Qさんが書いてくれてまつが左足首や左足甲に疲労が出てとれなくなると休養がひつよーでしょーね
くれぐれも故障にならねぇーよーにしてくださいね

書かれてることよくわかりまつ
下半身もMAXでなくてもMAXとおなじくらい締まるよーになりまつよ
スタンス幅なんかも研究してください
これが緩くなってきたときにドリルとしてMAXで回復させるよーな感じで練習されたらどーでしょー
たとえば
左ひざや右ひざもそー
一瞬伸び切るのはまだいいーすけど全伸しっぱなしじゃーやりすぎと思われ
足首まで負担が届きまつね

くれぐれも故障されねぇーよーにしてくださいね
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/06/01(Wed) 22:31
takaさんはプロのところでビデオ撮りながらみてもらってる・・あのtakaさんでつよね?

一度プロにお話をきいてみては?
イボミ選手は他のじょしより落ちてまつよ

それと「落ちてまつか?」でつが
プレーンのお話でつ
落ちて・・プレーンでしょ
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:あ〜あ 投稿日:2016/06/01(Wed) 23:30
Qさん

質問からはだいぶんズレますたーwww
でもタイヘンべんきょーになりまつ

>多分、下半身は、弱アッパーなんだと思います。

オレ的には左かかとにうつるのが一瞬おくれるよーになったんだと思われーでつ
左にのるのがおそくなってその場で振れるよーになったのではないでつかね
ココが早いと左足甲にも負担が大きくなりまつよねw

おかげさまで故障は一度だけw
以前出前持ちにハマったことがありますたー
ちょーしこいてコレやりすぎて切返しで右肘を亜脱臼(苦笑
折れたかーとおもいますたーヒヤヒヤ
半年間整体にかよいますたーw

筋肉の疲労はふつーの人で回復に48時間はかかるそーでつね
がっこでこんなことばっか教わりますた
つかれたーと思ったときは2日間以上ぜんぜんクラブ持たなかったり
足腰つらいときはランニングをウォーキングにしたりしまつ
そーゆーときに練習したりガンバルと筋肉が傷つくらしーのでみなさんもちゅーいしましょー

長くなりますたのでイボミ選手のお話は別スレ立てまつ
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:Q 投稿日:2016/06/02(Thu) 00:42
イボミ選手は、砂袋打ってたんでしょ?
その時に出来上がったインパクトポジションかも。

僕も庭で、龍の髭って言う巨大な芝生みたいなのを打ってました。
ホントの芝生部分に侵食して来るんで、クラブで打って刈ってました。
丁度良かったな・・・。
では、次スレよろしくおねまいします。
[45422へのレス] Re: 落ちてますか? 投稿者:老爺 投稿日:2016/06/02(Thu) 23:04
あ〜あ さん
 有難うございます。細心の注意をはらって精進します。
細長く・・・。粘り強く。

[45397] オースティン打法2 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/11(Mon) 16:12
長くなってしまったので。
答えになってないかもしれませんが、
タニさん、リリースのタイミングの話なんですが、
小野先生によると、トスバッティングでボールをバッターにトスする右手の動き。
リリースのタイミングについては、特に言ってなかった。
なるべく早いボールをなげるには、と考えれはいいのではないかな。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:Q 投稿日:2016/04/12(Tue) 03:48
テイクバックで作った手首の形を保ったまま、ボールを拾って、ポーンと打つんです。
それを先に覚えないと。
バンカーとかで砂を飛ばして練習するのが良いかも。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/04/12(Tue) 21:36
小野先生は、野球出身? 

多分違うな!トスバッティングのエース?の自分から言うと、「トスはノーコック」です(笑)
トスでコック&リリースしていたら、球が浮いてバラついて、バッターは打ちにくい。

先日の決勝ラウンドで何球か試したが、横コック&リリースが上手くいったのは、グリーンまで10Ý、ピンはエッジから4Ýのアプで、上げて止めてピンそば1m。
トップが怖かったけれど、上手く行った。田村プロのロブですね、これは使えるかな。

逆に失敗したのは、8Iのアイアンショットで、カツッ!と当たりは良かったが、上がり過ぎて10Yショート。また、UTでのショットは、フック気味でグリップしてしまったので、フックに。
このスイングはウイーク気味のスクエアが必須ダナ。

Qさんの言う形なら、横コックキープになりますね。
このスイングのポイント「リリースで飛ばす」には、トップで最大限横コックしたのをインパクトまでリリースしていくが、インパクトはリリース途中で、アドレスより横コックされた状態、なのかな?!

ここんとこ、実戦から感じた結構キモの部分ですね。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/13(Wed) 01:36
タニさん、そのとうりですね。
小野先生は、野球部じゃないかも。元外務省の役人、外交官笑

ボーリングの動き、クラブを遠くに放り投げる動きです。
で、フィニッシュは右手の平が顔を向く。手に持ったミートパイを
口に入れる動きっていってた。
まんじゅうでもいいんだけど、笑
実際良くわからないのが、トロンボーンを引く上半身、下半身の動きで右腰をバックスイングで右に動かし、ダウンで左腰を左に動かし、フォローでバックスイングで下がった左肩をガツンと引き上げる。
この骨格の動きに右手のスナップスローを行う事で飛距離を出す。
ただ、トロンボーンを引く動きは、右肘がからだの幅より外にでて、小野先生によると結構インサイドに引くイメージになります。
だもんで、ここがどうもまだ納得できない部分でオースティン自身は、トロンボーンを引く様にやってないように見える。
飛距離を出すには、この腰を左右に振る動きが必須の様です。
PGAスイングでは、スエーとしてデスムーブですよね。
でもカーリングしてるとフエースローテーションしないので
問題ない。というか私はカーリングすると右腰が流れるという
現象がおきていて、それが悩みだった。でもそれがオースティン法
では必須と言う事でした。

オースティン法は飛んでまがらないのですが、
取り合えず始動のカールする動きだけでも取り入れれば、曲がらなくはなります。
ローテーションしないスイングは、スピースやダスティンジョンソン、あと宮里家もトップで左手甲まっすぐか
左手首を手の平側におるダスティンジョンソンの動きを勧めてますね。そうするとトップではフエースは真上を向きます。
これやると超長尺でもそれほど問題なく打てる。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/13(Wed) 02:36
連投失礼します。
手首の動き、リリースに関しては、タニさんのおっしゃる通りだと
思います。ただ、リリースについては
僕自身は意識してない。というか、自然にまかせてます。
あと、グリップもタニさんさすがですね。
その通りと思います。僕自身も色々ためして見てウイークではないですがストロングはNGだと思います。
また、パームもNGでフィンガー。
オースティンの本にグリップの事を結構長く書いてありますが、
読解力がなく、まだ良くわかってないのですが、オースティン打法
の肝で、超重要との事。僕自身も上手くカールができトップで
左手甲まっすぐかしやすいグリップを色々ためしている段階です。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:Q 投稿日:2016/04/13(Wed) 03:35
フラップみたいな動きを過剰に使うのは、個人的にはあまりお奨めしないのですが。。。
芝が伸びてくると、ボールの下を潜っちゃいそうですよ。
それと、ボールを弾いてばかりだと、初速は出るんですが、見た目程、飛ばない・・・。
ボールをフェースに乗っけたり、掴まえたり、逃がしたりっていう感覚は、飛ばしにも生きてきます。
フェースをパカパカ動かして打つんじゃなくて、ムギューっと上げて、ポンッて感じで打つんです。
もちろん、そのコックで、、、肝の部分ですね。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/13(Wed) 11:28
Qさん、どうもです。
オースティン法では右手首の角度をキープも意識しない様です。
しかし、左手甲伸ばす事でトップで右手首のヒンジングができてれば、僕はリリースもキープも意識しない方がいいと思いますよ。
オースティン法その1にも最後にタメについて小野さんの回答をのせておきました。



A:  一般的なスゥイングで共有されている手首の角度を保つ、レートヒットは、このスウィング法では間違いになります。スウィングをスローモーションで見るとそのように見えるかもしれませんが、事実ではありません。ピボットはあまりにも力強いため、クラブヘッドは左腕の動きに追いつくように加速されていきます。
 インパクトでは、右腕を伸ばす動作でクラブヘッドを加速していますが、複合ピボットによるとてつもないスピートが、写真やスローモーション映像では「遅れたヒット」に見えることがあります。この方法を理解しようとし、クラブのリリースを遅らせる人もいるようですが、これは、かえって距離と正確さを失うことになります。http://austingolf.main.jp/home/
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:Q 投稿日:2016/04/13(Wed) 17:39
うん、わかってて言ってるの。
そのまま、続けてみてください。
アイアンは飛ぶが、
ウッドの飛距離は変わらず、、に、なりやすいから。
そろそろ寝ます。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/04/13(Wed) 19:30
 オースティン打法かどうかは、おいておいて。
 マスターズでの松山選手の健闘を、ゴルフチャンネルでみていました。

 前も指摘しましたが、ポイントは、インパクトから、フォローへの考え方。それはリリースということになるかと。ただ、りリースを先に考えてスイングすると、あまりうまくいかない。
 
 ここは、昔の名前さんとか、野次馬さんとかに、登場してもらいたいのだが・・・・

「突く」「差す」とか、「ゴルフの物理学」と、 オースティン打法は、まったく矛盾しないのではないか?
 むしろ、融合させて、やっているのが、マスターズの出場している選手とかでないかと、おもってしまいました。

 ゴルフの目的は、ローテーションさせることではないわけですね。と、おもったり。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/04/14(Thu) 20:55
オースチン打法は、首下支点固定&軸移動と、膝の動きの大きい事で、腰と肩の捻転差があまりなく体に優しいので、40歳超えたらコレだな!

「トローンボーン」は、昔プッシュスイングと自分で勝手に名前を付けて試していた時期があったが、これヘッドをアウトに出し過ぎると、シャンクが出るんだよね〜。右手意識しすぎると、こうなっちゃう。

横コックは、やはりQさんの言うように、リリースは積極的にせずに、インパクト以降のイメージで振る方が正解ダナ。
マンチャイさんの「意識しない」も、自分で動かさない、自然に任せる、の事で同じ事かな。

又、アプローチでは、横コックキープで低目の球、リリースしながらのロブで高い球と、今の芝の薄い時期のアプでも使えますね。

そうそう、大造さんが触れている様に、「グリップエンドをボールに差す」と「フェースでボールを突く」のイメージが合うと思います。

いずれにしても、自分は「GS物理学」と「オースチン打法」の良いとこ取りで行きますが、ドライバーはやっぱり「GS物理学」ダナ!(笑)
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/17(Sun) 11:17
タニさん、トロンボーンを引く動き
すごいね、まさしくアウトにあげるのはダメと小野先生はいってました。こんなにインにあげるの?って自分の場合感じた。
で、違和感満載でやってみてるのだがトロンボーンを右手で引いて
バックスイングすると反射でダウンでは自然に突く動きになる。
それが「わかった!」
でも、このスイングは私の中ではまったくの別もの
としてやらないとできないですね。
カーリングまでは同じなんだけど、その後、右肘は浮かせるし、右腰は流れるし、フォローでは顔に右手の平が向く。
捻らないのでなんか打ってる気がしない。
練習場なので飛んでるかはわからないけど、曲がりの幅は減りますね。限りなくストレートが出ます。
ぐちゃぐちゃになりそうで怖いですが。笑
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/04/17(Sun) 20:28
昨日は練習場で100Y以内、今日は家の庭でアプを練習しました。

大造さん曰く、アプだけローテさせないで打っている人が多いとの事だが、コレ縦コックもしくは縦横混合コックより、ダフリにくいですよね。

オースチンやるには、「トローンボーン」は、やっぱりセットで考えないとダメでしょうね。

しかし、マンチャイさんが言うように、圧倒的に方向性が良いッスネ!
100Y以内なら、左右ワンピン以内に楽勝で落とせそう。後は、飛距離と距離感!
PGAスイングが方向性のロシアンルーレットなら、自分にとってコレは、今の所、縦距離のロシアンルーレットだな。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/19(Tue) 00:35
タニさん、何でもやってみるその姿勢
すばらしいっすね。ですぐ何とかできちゃうのも。
趣味ですから僕はその方が良いと思います。
トロンボーンの動きは、足の動きとセットと習いました。
右手でトロンボーンを引くと同時に右足が少し延びます。
右手でトロンボーンを引く時、左腕は胸に密着、実際にインサイドに入ります。ダウンでは、右手で突く動きと右膝が前に出る動き
が合わさる事で右膝が邪魔になりダウンの軌道がそのお陰でストレートになる。このダウンでの右膝が前に出る動きがないとインサイドアウトがきつくなり、ストレートではなくフック、チーピン
プッシュ、シャンクになる。
右膝のダウンでの動きがポイントになるそうです。
しかし、この右膝のダウンでの動きは、トロンボーンを引く動き
をバックスイングでやれば自然に出る動きで、やはりバックスイングでのトロンボーンを引く動きがちゃんと出来る事が重要と習いました。で、ヒモを両手に持ち真ん中を下の方に引っ掻けてトロンボーンの動きを毎日3分から5分、シャドウスイングをやりなさい
との事。それで3週間もやれば身につくと言われました。
やってませんが。笑
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/04/19(Tue) 21:16
来月から公式試合に突入するので、今シーズン、オースチンは100Y以内のアプ限定でやろうと思っています。(とりあえずトローンボーンは、置いといて(笑))

今年が公式試合初チャレンジですが、やっぱり地方予選を突破して、『日本』のついた本戦に出たいからね〜。
もしくは、ローカルでいいから、プロと一緒の試合にネ。

所でマンチャイさん、ゴルフパートナーの2016年度の案内は、まだですよね。
今年もあるのなら、是非川奈にチャレンジ!したいので。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/20(Wed) 00:14
ゴルフパートナーは、夏位から予選がはじまります。
で決勝は12月頭でした。
去年は、川奈でしたがその前は、出てませんが、確か戸塚カントリーでしたね。日本女子オープンで藍ちゃんが勝った所で福島晃子のホームで原辰徳がクラちゃんとったとこ。
https://www.golfpartner.co.jp/html/amateurtour/
決勝たたいたんで順位よくみてなかったけど良くみたら
100位以内にはいました。-w
決勝が12月頭でしかも雨だったんで寒くて
つらいもんがありましたが楽しい大会ですよ。
[45397へのレス] Re: オースティン打法2 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/20(Wed) 02:30
川奈ですが、話はちがって、
アリソンと高麗が有名ですが、やってみてわかったのは、
アリソンも他のハザードも厳しいのですが、ほとんど-バックか230から250ヤードの地点にあり我々には厳しい位置ですが、プロには
全部キャリーで越えてしまうので何のハザードにもならないんですね。ティーはあれ以上下げられそうもないのでやはりプロの大会は
出来ないのだと思いました。
高麗は冬は早いですが夏は激重ですからね。

[45378] オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/03/29(Tue) 14:44
USPGAで活躍しシニアツアーでも
平均飛距離315ヤードを記録、ギネスで515ヤードを誇る
オースティンが確立した理論だそうです。
私、これ読んでキッドさんのカーリングにかなり近いと思いました。ローテーションしない、タメを作らない、体を回さない、
読んだら自分のやってるカーリングのまんまなんです。
ここでは多分受け入れがたい事だと思いますが実際究極のストレート打法だと思います。
しかし、私の場合、曲がりはしないしスコアも良くなりましたが、
300ヤードは長尺でも無理。
で、勇気を出して日本で唯一のオースティン打法継承者の
ビデオに出てる先生にメールしたら教えてくれるとの事
非常に楽しみです。
夢の曲がらない300ヤード
いくかな。
ちなみにオースティン打法は今月の月間ゴルフダイジェストで
さわりだけ特集してました。
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/03/29(Tue) 14:48
シニアプロ田村さんは、天然オースティン打法

https://m.youtube.com/watch?v=0IRkvvmp4iE
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/04/02(Sat) 15:22
 その系列というか、傾向の打法は昔からあると思います。
 日本でだと、正木和三氏の「正木打法」
 たぶん日本人だとおもう、ローハン・O・シェーマ氏
 ハンマー打法のノーマン氏もその系統化と。

 
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/03(Sun) 13:54
大造さん、どうもです。
オースティン打法、90分レッスンうけてきた。
おっしゃる様にローテさせないスイングです。
フェースローテさせないのでゴルフが劇的に簡単になります。
ボール前後10センチはスクエアなんで、ミスが極端に減ります。
また、入斜角が一定になりやすく、スピン量が揃いやすく縦の距離が狂いにくいというメリットもあります。
習得は、ローテさせて行うスイングとすべてが逆なんで
素直にやれれば、難しい事はありませんがこだわるとむずかしくなるかな。
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/03(Sun) 14:02
オースティン打法の簡単な説明ですが
この腰の動きをマスターしなくても
真っ直ぐは打てました。
スエーする様なオースティン打法の腰の動きをマスターすれば
300ヤード飛ぶとプロに言われました。http://teeoffbook.net/swing/index.html
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/04/04(Mon) 17:06
 マンチャイさん。
 オースチン打法に関しては、詳細はわかりませんが、
 そのエッセンスというのは、今のPGAだけでなくて、日本でも残っているかとかもいます。
 ローテションさせないというより、
「体の向きに対して、フェースは常にスクエア」という考え方ですね。
 また、今の道具にはあっているような気がします。
 とくにドライバーかな。
 また、アプローチというか、100ヤード以内なら、オースティン風というか、ローテションさせないで打っている人が多いのではないでしょうか?

 ただ、肝の部分は、フォローからフィニッシュの部分かと。
 いわゆる当てて終わりというか、ぶつけて終わりにならないようにしないとなりませんね。
 また、ローテさせることによって、トウダウンというかヘッドが垂れるのを防ぎ、それでダフリを防いでいる人にとって、ダフリだらけになるかもしれません。
 本当は、それぞれ別の原因だとおものですが、この辺が複雑化しやすいのが、ゴルフの宿命かもしれません。
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/04(Mon) 17:39
この動画の上品なおじいさん、
華奢ですが300ヤード飛びます。
僕はカーリングをやってたんで、始動は
ほぼ同じ、左小指を巻き込むように反時計回り
にグリップを回す、というのは直ぐにできましたが、
飛距離を出すには、キッドさんの方法とは真逆の動きで先生がいうには、なれれば簡単と言ってましたが、自分にはかなり違和感があり今までの知識を忘れなければならず、難しかったですね。
自分なりのオースティンを研究するのも面白いと思いました。
肝は、オースティン自身が動画で言ってますが、
「ダウンスイングで左足踏み込み、右手で下手投げでクラブを投げるイメージ」
「ステップアンドスロー」
右手首のスナップ、よくわからないのがその動きに腰の左右へのふる動きです。
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/04(Mon) 19:47
大造さん、おっしゃるように、このオースティン打法は
パーシモンの時代にできた理論ですが、今の道具にぴったり
あったスイングの様です。
ちなみに、何故このオースティン打法が
スイングを簡単にするのかと言えば、
コックが横コックしかないから。
縦コックは全く意識しません。
器用な右手を意識して、先生によると
「ボーリングのボールを投げる動き」
で、意識しやすいからだと思います。
ちなみに、オースティンによれば、
ローテーションするスイングは、ロシアンルーレットで
当りを引くようなもの。だそうです。
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/04/06(Wed) 21:49
マンチャイさん、今日試してきましたヨ、オースチン打法。
>ローテーションするスイングは、ロシアンルーレット
その通り!(笑)

自分が今やっている「G物理学」と、真逆の所(コック)もあり、一緒(左脚)もあり。
でも、それほど違和感がなかったネ。確かに体に優しいかも。
今日は100球ほど打ったが、50Y~100Yが良かったナ〜。
長いクラブは、少し工夫がいる、と言うか、もっと理解がいるナ。

マンチャイさん、少し質問させてください。
1、300Y飛ばすパワーは何処から得るの?
2、球の位置はやっぱり真ん中?
3、DR等の長いクラブは、「アップライトに上げる」が、ダウンは「それよりフラットになる」かな。田村さんのスイングはそんな感じ。
https://www.youtube.com/watch?v=giwLhEHWsHg
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/07(Thu) 13:07
タニさん、私もまだ一回レッスン受けただけなんで、まだ良くわかってないし出来てない。笑
それを前提にしてもらえると
田村さんのスイングは、オースティンのスイングと似てるけど
先生によると違うみたい。
パワーは、野球でいうスナップとバックスイングで首の後ろを支点にして右腰はスエーします。ここは、まったくPGA方式と違う。ダウンでは左腰がスエーします。その間、首の後ろは不動。
ダウンは、左足を踏み込み下手投げでボールをなげるイメージ
ステップアンドスローです。
先生にこれってスエーしてないですか?って聞いたんですが
首の後ろの一点さえ動かなきゃいいんです。PGA方式は忘れる様に
と言われました。
田村プロは、スエーしてないのでここが大きな違いと思った。
ボールの位置に関しては、このスイングの場合、プレーンにたいしてフェースの向きは常に直角なんで右におけば低い玉、左に置けば
高い玉のストレートが打てます。
個人的には、オースティンをやると左かかと線上で少し高めのティーアップにして少しかち上げる感じになると思います。
タニさんもカーリングをやった事があると思いますが、
カールすると手元は高く上がるアップライトになると思います。
壁ドリルです。
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/07(Thu) 14:01
https://m.youtube.com/watch?v=-jHCEcD8WpY
タニさん、僕はずっとローテするスイングしたり、カーリングしたり色々やって来ましたが、やはり、ローテするスイングは
ゴルフを複雑かつ難しくするという結論に達し、ローテしないと
僕でも73とか出ちゃったり、ゴルフパートナーカップで3000人中
150位になれたりしました。
でも、飛距離的にもローテするより少し飛ぶけど、まだあと30欲しいと思ってた所月間ゴルフダイジェストでオースティンを特集してたんでカーリングをやってきた自分と共通点があり、すんなり入れました。でも今までのPGAスイングをやってきた人は、かなり違和感があり受け入れがたく、またまたすぐに前のスイングに戻ると思います。
スイングの話をすると、自分なりのオースティンは、フォワードプレス▶カーリング▶右足荷重▶ダウンでも右に乗ったまま▶振り抜きも右足▶フィニィッシュ
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/04/07(Thu) 21:46
マンチャイさん、腕を上げられてますね〜!

オースティンの映像を色々と見たが、オースティン自身は横コックの事はあまり触れずに、スイングの事を重点的に言っている様ですネ。(英語だからワカランけれど(笑))

キモは、首の下(喉仏の下)を支点にして、右足内側への軸でバックスイングし、ダウンは左足内側への軸で振る、いわゆる2軸スイングですね。

ココが、現在主流の一軸で上半身を捻転するスイングと大きく違う所で、一軸捻転だと筋力が必要だが、2軸だと筋力以外のパワーで飛ばせる。
そうそう2軸スイングは、昔読んだ日本人のアマが書いた本を思い出した。

フェースを球に向け続けてトロンボーンでバックスイングするのも、インパクトで左手首を甲側に折るのも、上記2軸スイングも、昔試した事があるのでそれほど違和感がないが、当時は、その他の動きとマジェマジェだったので、上手く行かなかったナ。

この冬に「G物理学」スイングと筋トレをやり過ぎて、腰を痛めてしまったが、先日の試合はだましだましで予選通過し、トップとの差はあまりないので今度の決勝は頑張ろうと思っていたので、マンチャイさんのスレをスルーしようとしたが・・・?!
決勝ラウンドではアイアンだけでも、試してみようかな?!打つ前に悩みそう(笑)
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/07(Thu) 22:38
タニさん、こんばんはー。
カーリングなんですよね。結局。
キッドさんの造語なんだけどオースティン自身も
カーリングと言ってます。
僕は、本を今日買ってしまいました。飛距離は別にして
カールする手首の始動をやるとまずアイアンの精度が上がるのは間違いないです。カールしてフックのミスが出ないためには、
ダウンスイングを必ず左足の踏み込みからすれば、へんなフックは
でないす。
ローテしないスイングは、邪道だろ、と思う自分がいましたが
結果が出てきて今は迷いはなくなりましたね。
来月また習うのでそれまでじっくり本で研究しようと思ってます。
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/08(Fri) 10:04
タニさん、これ分かりやすく説明してます。
http://blogs.yahoo.co.jp/maustinw/16816449.html
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/04/08(Fri) 20:53
読者さん、
自分もよくわかっていないので、マンチャイさんとキャッチボールしながら、「ワカッタ!」につなげたいと考えている状況ですヨ。

マンチャイさん、自分もコノブログみましたが、最後に「今日はココまで」と書いておきながら続きがない?!

http://blog.goo.ne.jp/tokyomarlin/e/66f8a958fa66b33ea836eea0ffd97445
コレはかなり詳しいが、オースティンの記事をあっちこっち探す必要があるので邪魔臭いかな(笑)

自分が一番疑問なのは、横コックしかしていないのに(と言う事ですね)、オースティンのダウンでのタメが凄い事。
普通、あのタメ(コックキープ)の形は、縦コックもしないと出来ないのではないかな?
それともオースティンは、かなり手首が柔らかい?!
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/04/08(Fri) 21:36
そうなんだよね。この後が読みたいんだよね。
ここまでは、自分もできてます。
で、本をかっちゃった。笑
私が習った小野先生によるとタメは一切意識してはいけないそうです。
小野克己先生のHPより
Q よく教えられている「角度を保つ」と「レートヒット」に関してはどうなの?

A:  一般的なスゥイングで共有されている手首の角度を保つ、レートヒットは、このスウィング法では間違いになります。スウィングをスローモーションで見るとそのように見えるかもしれませんが、事実ではありません。ピボットはあまりにも力強いため、クラブヘッドは左腕の動きに追いつくように加速されていきます。
 インパクトでは、右腕を伸ばす動作でクラブヘッドを加速していますが、複合ピボットによるとてつもないスピートが、写真やスローモーション映像では「遅れたヒット」に見えることがあります。この方法を理解しようとし、クラブのリリースを遅らせる人もいるようですが、これは、かえって距離と正確さを失うことになります。http://austingolf.main.jp/home/
[45378へのレス] Re: オースティン打法 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/04/09(Sat) 20:26
アイアンショットで、インパクト手前でリリース(左手甲が凹)すると、ロフトが寝て弾道が高くなり、距離が出ないネ。

横コックのリリースが大事、と言う事だが、タイミングが難しいかな。

[45376] ブランコを漕ぐ 投稿者:EAGLE 投稿日:2016/03/18(Fri) 10:26
吉田プロの理論は飛ばしに役立ちそうです

特に「ブランコを漕ぐ要領」と言うのは分かりやすいですね

https://www.youtube.com/watch?v=thIcPUDin5A&feature=youtu.be
[45376へのレス] Re: ブランコを漕ぐ 投稿者:いっちょがみ 投稿日:2016/03/22(Tue) 10:54
良い動画だと思います。
このプロは、下半身(膝)の動きを強調してますが、この時の腕の脱力が重要だと思いますね。僕は…

飛ばす事をあまり意識すると、結果的に腕に力が入りこのように振れなくなるので注意が必要だと思います。

[45358] 寒中お見舞い! 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/02/15(Mon) 21:11
皆さん、来るシーズンインに向けて調整中の事かと思います。

自分は先日、雪がチラつく中、ホームCで久しぶりのラウンド。
寒い時は、飛距離とスコアがガクッ!と落ちる筈!ですが、ナント3つのホールでドライバーショットが、そのホールの最高到達点に?!いや、2ホールでは超えた、かな?!

このクソ寒いのに、なぜ飛んだ? 
「ゴルフ物理学」のスイングが馴染んできたのか?フィジカル面をまじめにやって来たので筋力アップしたのか?!それともボールを「JOKER」に変えた事か?
ま、単にスプリンクラーか、何かに弾んだだけかも知れませんが(笑)

ドライバーはソコソコになったので、現在はアイアン調整に取り組み中。
フィジカル面の教えを忠実に筋トレしていたら、左サイドでの引きにパワーを感じる様になり、「G物理学」スイングに加えて、下記のスイングを試すと、飛距離は10%位ダウンだが、方向性が結構良かった。

「トップは低目(左腕水平チョイ上)で、ダウンで右脚前に差し、そこから左サイドで引っ張る。タメの開放は緩やかに、ヘッドはシャローに入る。(ヘッドプレーンは、横楕円のイメージ。因みに「G物理学」スイングは、縦楕円のイメージ)」
あまり長いクラブは難しいが、8Iまでのライン出しに使えるかも。

シーズンインまで後1.5ヶ月、それまでは、ラウンドより筋トレ+打ち込みダナ?!
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/02/16(Tue) 21:36
「ドライバーが飛んだ!」をもう一度自分なりに検証します。

「G物理学」のスイングは、「左肩が開きにくい」のが大きな利点の一つですね。
左肩が開くと、振り遅れてプッシュ、こすってスライス、アウトインで引っかけ、等々。
コレがなくなると、ミート率がアップし、結果飛ぶ!

又、右肩からの袈裟切りは、インパクトで球に体重を乗せられる。
映像でも言っているが、柔道の背負い投げしかり、野球のダウンスイングしかり、「右上から左下へ」はパワーが伝えやすい。

もう一つ言うと、トップからのダウン、インパクトでの向心力に、「左サイドの引きの力」が大きく影響するので、ココ(左サイド)を鍛える事によって、スイングスピードが増す。

今、一番気に入っているのは、ゴムチューブを(少し右上の)フック等に引っかけ、左膝、股関節、広背筋、腹斜筋、腹筋、左腕を使って(全部意識して)、斜め下に引っ張るトレーニング。家でも簡単に出来るので、日課になっています。特に鍛えにくい左腕の前腕と上腕三頭筋(力こぶの裏側)に効果あり。

飛ばそうとすると、ついつい肩の回転(スピードとタイミング)が速くなったり、体(軸)が左右に動いたりして、ミスに繋がるが、「G物理学」は、体の動きは出来るだけ少なくして、コックを使って手を振りヘッドを走らす事がミソですね。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/02/17(Wed) 10:01
タニさん、おひさです。
飛距離がのびてよかったですね。
私は道具で15〜20y延びました。
一ヶ月前、ゲロンディ購入!
47.75インチです。ふり遅れるかなと思いましたが、前よりキープ率あがつてます。
長尺初めてでしたが、いや、びっくりの飛距離です。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/02/17(Wed) 20:45
マンチャイさん、ドモドモ!

ゲロンディーをマスターされましたか?!
コレで、県アマ勝負出来ますね。

自分は一時CT‐112を使っていて、確かに飛ぶけれど、ラウンドで3、4回明後日の方向に行き、リカバリーするのが大変なので、ギブアップしました。
まだ持っていますが、「G物理学」のスイングには合いませんね。

一度「JOKER」試してみて下さい。
打感は堅くて今の季節に合わないけれど、打ち出しスピードが速くて、飛んでいる感じ?がしますよ。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/02/18(Thu) 00:36
タニさん、やっぱり手っ取り早く飛距離を伸ばすにゃ
超長尺ですね。自分でもびっくりの所にボールがあります。
何故か短いのよりまっすぐいきます。
自分で自分にびっくりする飛距離ですね。
打ち方をドラだけは、アームローテーションをして所謂、開いて閉じる様にすると超長尺は逆に捕まりました。アイアンは懲りもせずカールしてうってます。県アマは、今年はいいかな?ゴルフパートナーカップで全国大会去年は行けたんでまた行くのを目標にしようと思ってます。
ジョーカーって飛距離でるって評判ですね。
使ってみますね。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:マンチャイ 投稿日:2016/02/18(Thu) 00:50
よく超長尺にかえるとふり遅れたり、それをいやがって逆にひっかけたりと言いますが、バックスイングでしっかりアームローテーション、フェースローテーションができると
逆にダウンでフェースは閉じるようにアームが動きますね。
超長尺はそれを教えてくれました。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/02/20(Sat) 21:47
 47.75インチか・・・
 こっちは、46・75で、ピッタシだった。

 マジに、距離飛ばすには道具だとおもいます。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:taka 投稿日:2016/02/22(Mon) 23:11
わたしも、冬場は、ラウンドそこそこで、筋トレとか、打ち込み集中かと思っていたんですが、なんか、その副作用みたいなことになっているみたい。どうしても、スイング中心、筋トレもどっちかというと、上体優先。すると、どうしても、インパクト、確かに、強くなってきます。ボールつかまってるなーって感じ。でも、ちがうんです。ドライバーはつかまってるけど、アイアンつかまらん。つまり、インパクトだけ強くなってる。うでで、捕まえにいってしまって、スイングなってないみたいなことになってしまってました。残念。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/02/23(Tue) 21:42
やっぱりアイアンは、フェースターンをさせないと、球はつかまらないですね。

今自分がアイアン調整としてやっている事は、
「トップから袈裟切りで、グリップエンドを球に向けてダウン。
インパクトは、ヒールから入れて、トウを立てていく。」
結果、フォローはR・ドナルドになる(笑)

基本はドローだが、腰を速く切ると、つかまったフェードにもなりますネ。
コレを5Iで、ハイティーで球だけ打つように練習しています。
肘から下を脱力で打つと、中々良い感じでつかまりますヨ。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/02/24(Wed) 21:27
筋肉肥大を目指すと、故障に繋がりやすいが(3年前に失敗した!)、筋力アップなら、無理なく続けると思いのほか短時間で効果が期待できますよね。最初きつかった重量が、続けていく内に段々と軽く感じる様になって来る。

で、その筋力アップをそのまま球にぶつけてしまうと、結果があまり良くならないと、takaさんが言われている。

なので、考え方を少し変えてみる。
例えば、
筋力5から10にアップした時に、筋力10で振るのではなく、50%脱力して筋力5で振る。
この方が、(筋力5の時に100%の筋力5で振っていた時よりも)ミート率がアップして、方向性・飛距離ともに良い結果が得られ、再現性も高まる。

自分もそうだが、「筋トレは、脱力する為にやる」と考えた方が良いかも。
上半身、特に腕は、極力脱力する為にもガンガン鍛えるべし?!
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/02/25(Thu) 00:27
 そうですか・・・冬場というのに、みなさん飛距離がでていますか?
 ま、アイスバーンにあたって、転がったというのも含めて。

 で、たぶん、ここを見ている人なら、みな飛距離がのびているとおもう。という私は、はっきしいって、45インチだが、飛距離がでている。いままで、なんだったんだ?
 というぐらいですね。
 まじに、250が射程にはいった(これまで、220−230。たまに240超えて、はしゃいでいた)

 なるほでですね。
 その上で、タニノチカラさんの「筋トレは、脱力する為にやる」はすごい共感します。

 飛距離がでるようになってから、はっきりいって、スコアはよくないwというか、あまりまとまらない。
「アイアンの抑えがきいていない」とか、「飛距離オンチ」といわれる。グリーンオーバーが多い。アプローチもオーバーが多い。わりと、パターが雑になっている。
 パーオンはふえたが、3パット増えたとか、ボギーオンのほうが、確実にパーをとっていたとか・・・ま、いろいろある。冬場でグリーン周りも、グリーンもなんかあんまり状態よくないし。

 でも、とりあえず、1wで250飛んだら、そりゃ・・・気持ちいいわ。プロの280だって、見えてきた。(飛ぶんじゃなくて、250の地点から、280の地点がよく見えるという意味です)

 ま、あとは、春になって、芝が揃ってきたら、どうでも調整できるとか、いっている自分がいます。
 とりあえず、やはり、ゴルフは、飛距離なんですね。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:ラインメタル 投稿日:2016/02/26(Fri) 00:58
 飛距離がでるようになったというのは、やはり
「ゴルフ物理学」の影響かな。
 私の周辺でも、スイングへの考え方がシンプルになったとか、飛距離がでるようになったという人が多いです。
 
 やはりコツは、「上から下へ斜めに袈裟斬りする」のだけど、落とすというか、やはり、差す突く感じ・・・って人が多いですね。ここは、「ゴルフの物理学」でもやっていましたね。
 とにかく、あそこがミソかとおもいます。
 他のところは、結構、微妙な部分があるような気もしていますというか、ひとそれぞれみたいですね。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/02/27(Sat) 21:11
今日は、「GS物理学」の「遠心力」に対抗する「向心力」の使うタイミングを確認した。
この向心力を使わないと、以前の飛距離とたいして違わないし、折角「引き」のトレーニングを3か月もやってきた意味がなくなってしまうので、ヤラナキャ!

映像では、インパクト寸前に向心力を使う様な発言があるが、実際にはそれでは間に合わない。

どの位置から「向心力(引き)」をスタートすれば良いか、色々な位置をチェックした。
トップから、左腕が7時〜8時を指すまでGエンドを球に向かって差すが、ここまでは遠心力はあまり働いていないので、引いても意味がない。

そこからコック解放、アームターンが行われる事によって遠心力が拡大していくので、それに合わせて、「引き」をスタートし、拡大して行けば良い様だ。

(ドライバーでは、)球の20cm程手前が、向心力の最大値になるようにスイングする事で、ヘッドスピードも最大値になり、非常に力感のあるインパクトになる事もワカッタ!
袈裟切りスイングの最下点にもなり、ココから少しアッパー気味に球に向かう事になる。

アイアンでは、↑の最下点(もしくはもう少し右)に球を置く事で、ダウンブロー、もしくはスイープなインパクトになる。

DRとアイアンはソコソコ上手く行ったので、明日は、FWウッドとUTの確認をやろう。
私のキャンプもあと1日?!
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/02/28(Sun) 08:59
「インパクト直前にヘッドを引いて、ヘッドスピードを上げる」
これ、「パラメトリック加速」って言うんだね、知らなかった。

あの「ミウラ折」を発明?した航空宇宙工学・東大名誉教授・三浦公亮氏が提唱している理論。
彼は当時HCP16だったそうだが、この理論を自分のスイングに役立たせる事は難しかったらしい(笑)

「書斎のゴルフ」にも掲載されていた様で、この理論を元にして具体的な体の部分の使い方・動きを説明している。要点は以下の6つ。
1 左肩胛骨を背骨に寄せて引き上げる
2 左肩を引っ込める
3 胸を広げる
4 左二頭筋の屈曲
5 胸と広背筋による肩の内転
6 頭をターゲットから遠ざける

月刊GDの2014年〜2015年にも掲載されていたが、持っているのが歯抜けで全部読めなかった、残念!
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:ラインメタル 投稿日:2016/02/28(Sun) 15:22
<「ゴルフ物理学」で結構、微妙な部分があるような>

 の微妙な部分のひとつですね「向心力」のところ。
「向心力」といえば、「スインガーか、ストライカー」の部分でもでてきたような気がします。「今はハイブリッド」というあたりで話はおちついたような気がするけれど、肝心の「向心力」は、置き去りにされたような。

 個人的には、トップからダウンにはいって、「向心力」なんて考えている暇がないが率直な感想。
 あと、「作用反作用」の効果にまかせてもいいような気がしています。

 上から下へ力をつかう=作用
 その反作用として、下から上へ力がかかる≒「向心力」というあたりで、どうか?笑
 あくまでも、= でなくて、≒ なんですけどね。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:taka 投稿日:2016/02/29(Mon) 19:19
たしかに、脱力は、大事。上体の。腕は、なんにもしない。それでいて、ローテーションもよくかかるようにする。かつ、胸と、腕でできる三角形は、常に、保つ。ダウンでは、フェースが上向いて、フォローでは、地面をむくぐらい。ぷろは、そうなってる。
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/02/29(Mon) 21:01
>こっちは、46・75で、ピッタシだった。

大造さんも、長尺使ってるんだ?!
スイングリズムは、ゆっくりなんでしょうね。

>プロの280だって、見えてきた。(飛ぶんじゃなくて、250の地点から、280の地点がよく見えるという意味です)

ナイスジョーク!

>、「向心力」なんて考えている暇がないが率直な感想。

うん、ラインメタルさんの言われる事も分かります。
自分も、左脚踏み込んで、左膝伸ばしをやっていたので、無意識に「向心力」の利用はしていたと思うが、でも、意識してやるのとは又違いがありますね。

「無意識にやっている、出来ている」は、突然出来なくなった時、無意識だったので「エエ〜!なんで出来ないの?!」と言う事はゴルフではよくありますね。コレは新しい事を始めた時に、逆作用で起こりやすい現象。出来ていると思っている事が、本当は出来ていない事も結構ある。

(今迄意識してやっていなかった)新しい事は、とりあえず意識してやってみる。結果が良ければ、意識しなくても出来る位までやる。ココまでやっておくと、突然出来なくなっても、帰る所があって思い出しやすい。

「GS物理学」を3か月やってきて感じたことは、「ヘッドを意識するスイング」かなと。
究極?のコックキープとターン、又、「遠心力」に対するカウンターの「向心力」を使う事は、「遠心力」を感じないと出来ないネ。

コレは、腕を脱力して、グリップ圧も下げておかないと、中々感じる事は難しい。
で、自分がこのスイングで感じたことは、今まで以上に、ヘッドの重さに意識がいった事。

takaさん、脱力して、是非R・ドナルドやってみてください。
「脱力は、目的でなく手段」と考えると、やりやすいかも。

さあ、自主キャンプは終わって、今週からオープン戦(週末)3連戦!
4月開幕に向けて、ガンバ!(笑)
[45358へのレス] Re: 寒中お見舞い! 投稿者:taka 投稿日:2016/03/08(Tue) 08:00
よく、スイング中に肩甲骨を動かすってのがあると思うんですが、たしかに、肩は回りやすくなるし、アークも大きくなると思います。けど、肩甲骨を背骨に寄せたり離したりすると、つまり、腕の長さが変わるわけで、そこらへんは、同調性するのかな。だふりやすくなりますよね。

[45340] スロープレート 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/19(Tue) 20:33
今回は少し趣向を変えて、ハンディキャップ(HDCP)のお話しです。
2014年から、JGAのHDCPが「スロープレート」を採用している事、ご存じでしたか?
「スロープレート=コースによる難易度の違いをHDCPを調節する事で、どこでも平等な競争が出来る」と言うもの(らしい)です。

コレは、EAGLEさんが良く言っていた事,
「HDCPはコースによって違うので、実際に対戦しないとどちらが上手いか分からない」に対する一つの回答ですね。

下記で、自分のホームC、良く行くコースの「スロープレート」が分かりますよ。
http://niceshotnavi.blog11.fc2.com/ 
「ナイスショットナビ」

昨年の夏前と秋の2回、試合の為JGAのHDCPを取った所、倶楽部HDCPより1.0も少なかった。
「倶楽部HDCPの方が辛口かよ?!」と思ったが、調べるとホームCのスロープレートが、BT、RT共に基準の「113」よりかなり高かった・・・ナルホド!

ワカッタ!事は、ホームCの倶楽部HDCPは、JGAのHDCPに準じていなかった。
つまり、JGAのHDCPで5下を狙った方が1.0分早そう(って、言えるのかどうか?!笑)

「コースによれば、倶楽部HDCPをJGAのHDCPにすると、シングルの半分は消える?!」と言う恐ろしい話もあるので、逆は怖いな?!
[45340へのレス] Re: スロープレート 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/20(Wed) 16:55
 コースレートは、ハンデ0の人を基準
 スロープレートは、ハンデ20前後の人を基準にして、平均が113

 といわれていますね。
 所属しているクラブも、スロープレート方式を導入して、いわゆるJGAに近い算出にかえたようですが、とくに大きな変化はありませんでした。BT基準。
 つまり、難しくもなく、優しくもなく、標準的なコースというつまらない結果になったようです。ただ、ピンポジで大きくかわるのですが。

 それでこれまで、訪れたコースのスロープレートをみてみたら、大叩きしところは、やはり平均より高かったので、つまらないところで、安心したw


  
[45340へのレス] Re: スロープレート 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/01/20(Wed) 21:45
 ぶっちゃけるど、
 BTでスロープレートが、標準の113前後ってコースは、甘いなw
 BTで、120はないと、あかんだろう。
 ここで、バシっと、70台で回りたい。

 ちなみに、ワシのホームコースは、3つあるが、
 BTで、115、121、128

 ま、正直いって、BT128は、距離がありすぎて、老人には辛い。はなから、パーオン無理でしょうホールが4つもある。ショートで、230−235って、無理筋。だが、花道からいけば、半分の確率でパーとれる。でも、あまりいかないか・笑
 そりゃ、115が楽だな。
 ただ、楽だからといって、いっもいいスコアがでるわけじゃない。
[45340へのレス] Re: スロープレート 投稿者:EAGLE 投稿日:2016/01/21(Thu) 10:43
 2014年から、JGAのHDCPが「スロープレート」を採用している事は知っていましたが、自分のホームのスロープレートがいくらか知らなかったので、さっそく調べてみました。

BTがコースレート71.5でスロープレートは129でした。

距離もあまりないコースなのに、コースレートと同じく基準があいまいで、あまりあてにならない感じです。
[45340へのレス] Re: スロープレート 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/21(Thu) 21:05
EAGLEさん、お久! 

コースレートは、距離の長さに比例しますが、スロープレート(SR)はそうではないですね。
例えば、世界100選ゴルフ場の「鳴尾GC」
RT 6,260Y  147(151.2)、BT  6,612Y 153(157.4)*( )内=Par70を72に換算。
SRは155が上限ですので、距離は短めなのに凄い!

自分のホームCのSRは、(多少ボカシて)RT135位 ,BT 140位です。
BTは、7,000Y超えで、大造さん同様シンドイので、あと20Y欲しいっていつも思っている(笑)

自分はコースの難しさは、昔の名前さんが言われたピンポジション、それにグリーンスピードとラフの長さを加えた3つで、どうにでもなると考えます。

ピンを30Y奥に切られると距離も長くなり、乗らず、寄らず、入らずになり、前後左右に振って絶対に寄らない場所も作れる。又、ラフを伸ばされると、出ないし、飛ばないし、その前にロストボール続出!
グリーンスピードも11前後になると、いつも8〜9でやっているゴルファーは、慣れてないのでスコアにならないかも。パットが入らないと、アプ、ショット全てが悪くなりますからね。

自分は、最近まであまり詳しく知らなかったスロープレートですが、倶楽部HDCPに採用しているゴルフ場が増えつつあるみたいですね。
[45340へのレス] Re: スロープレート 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/24(Sun) 21:38
有名なゴルフ場のSRを調べてみた。(チャンピオンもしくはバックティー)

北海道クラシック148、小樽140、札幌輪厚139、夏泊128、大洗138、霞が関140、東京よみうり133、太平洋御殿場136、ゴールデンバレー153、鳴尾153、廣野147、ABC137、茨木142、Kochi黒潮139、フェニックス136、

こうしてみると、北海道クラシック・ゴールデンバレー、鳴尾、廣野の難しさが際立っていますね。

また関東VS関西を調べて見ると、関東各県で平均135を超えている県はないが、関西は兵庫、大阪、京都、奈良が超えており、数値が高いゴルフ場も結構多い。

昔、初めて千葉のゴルフ場に行った時に、比較的安価なゴルフ場なのに、関西に比べて広くて平らなのに感激?!(笑)
ショットも安心して打て、アベレージゴルファーにとっては良いスコアが出やすいかも。
それが関東と関西の差に表れているとしたら、SRがアベレージゴルファーの難易度を表す数値と言う説明に合っていますね。

SRの意味と言うか考え方は、下記が良くわかりますヨ。
http://www.lvtaizen.com/_backnum/html/4064main.htm
ラスベガス大全 週刊ラスベガスニュース
[45340へのレス] Re: スロープレート 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/25(Mon) 21:33
 ゴールデンバレー153は、納得します。
 シングルのメンバーさんとまわったのですが、
「とにかく、最初は、レギュラーでまわってください」
 といわれたのを、思い出します。
[45340へのレス] Re: スロープレート 投稿者:ラインメタル 投稿日:2016/01/25(Mon) 22:06
 SRのプラスマイナス5ぐらいはあんまし関係ないだろう?
 むしろ、コースの慣れが重要かと・・・
 とか、カキコしようとおもったが、

 北海道クラシック148
 で、悪夢が蘇った。
 いや、北海道はだれかいっていたが、まず、飛ばして、次に、ターフとらないとだめでしょう・・・と打ちのめされたところでした。
 北海道のゴルファーさん、ごめんなさい。学びました。

[45346] 股関節の切り上げ 投稿者:taka 投稿日:2016/01/22(Fri) 08:01
わたしにとって、このイメージよくなかったです。そう思ったのは、Hプロだったかな。女子プロ。腰は、あくまで、水平に回す意識。写真で見る限り、切れ上がって見える。そのときは、なんかよくわからなかったですが、足を伸ばすと切れ上がるは、だめなんです。同時には。イメージとして。ただ、水平に回すから、前傾がたもたれるんです。ビデオでは、水平に回すのは、でめですよっていってます。前傾してないからです。水平に回す意識がだめなのは。
[45346へのレス] Re: 股関節の切り上げ 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/25(Mon) 21:29
 たぶん、左股関節の切り上げとかって、結果でおきてしまう現象で、その結果で収まる現象を、どう収めるか・・・という話でないかとおもいます。
 つまり、それは目的とはしない・・・。

 ただ、ダウンの仕方で、左腰や股関節の動きはかわってくるとおもいます。これも、結果として。

 いま、その辺を、練習かつ確認中です。
 表現はちがっても、同じ認識を模索かと忖度します。

[45321] 新年:素振りしていますか? 投稿者:昔の名前 投稿日:2016/01/10(Sun) 19:34
 もくもくと、教えられた素振りして、ストレッチしています。
 みなさんは、いかがですか?

 とくに、下半身のストレッチは、ゆっくりだけど、効果ありというか、いいですね。とくに、股関節のストレッチ。
 これ、普段つかうことないですからね。
 ただし、ゴルフでは、きわめて重要ってことが、やっとわかった。w
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/10(Sun) 21:00
片手素振りをやる、って言っていたけれど・・・。
昔、野球の素振りを毎日嫌言うほどやった反動で、ゴルフの素振りはどうも?!
ですが、「ゴルフ物理学」推奨のトレーニング(筋トレ&ストレッチ)を重点的にやっているので、スイングは今まで通りに実戦で身に付けて行こうと。

年明け2回ラウンドしましたが、ドンドン良くなるナントカです(笑)
右45度打ち出すイメージを実践する為の良い方法を思いつきました。
飛球線に直角にした右足を少し下げてクローズに構える。
これで右45度に打ち出すイメージがしやすくなりました。
寒い季節の中、肩の回転不足も補えるし、一石二鳥です。

ただ、キッチリと左を切り上げないと、プッシュになるので要注意!
今日も、ハーフで1発プッシュOBを打ったが、30台にまとめる事が出来たのは、トータル的にショットが良くなっている証拠かな。

今まで自己流だけでやって来たので、上手く行ったとしても本当にこれで良いのか疑心暗鬼だったが、一つの目標スイングが出来た事は大きいネ。
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/11(Mon) 11:02
 右手、左手の片手の素振り。
 両手の素振り。

 これは、前にも指摘したけど、今回やっている素振りは、「ゴルフ物理学」風でもあり、タニノチカラさん指摘の、袈裟斬りの素振り。
 体に対して、思い切りアウトサイドイン。
 昨日、2度目のレッスンをうけてきました。
 レッスンの半分以上が、素振りでした。

「トップからダウンにかけて、思い切り。(突く、差す風でもいい)。グリップポジションをできるだけ低くする」
 と
「左手素振りの場合の軌道認識は比較的しやすいので、右手素振り場合の、軌道認識を以下の方法で試してみてください。
 右肘のポジション、角度、いわゆるヒンジングのポジション」
 とのこと。

 これが、すんなりと、ハマる人には、
「いくいくは、右ヒンジングのポジションで、ヘッドの軌道を制御したり、コントロールしたり、ラインをだしたりする」
 とのこと、
 
 ハマらない人は?
 と質問したら、
「とにかくやってみてください」
 w


 とのことでした。

 ほんで、これから、練習レンジへいってきます。
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/11(Mon) 11:17
 ゴルフの物理学でも、そうだとおもいますが、

 上半身というか、腕は袈裟斬りでアウトサイドイン。
 これに、
 右股関節というか、下半身はインサイドアウト。
 あわせて、イントウイン。
 が、基本組み合わせですね。

 で、アウトサイドインからいくか、インサイドアウトからいくは、その人によって、わけたほうがいいそうです。
 私の場合は、右サイドで、まだ振り切れないので、徹底して上半身のアウトサイドインから、矯正したい。とのこと。

 見ていたら、別の人は、タニノチカラさん風に右45度へ打ち出す、下半身の使い方のレッスンしていた。(でも、この人も相当に上手な人です。ハンデ6とのこと)

 彼曰く、「右股関節にちゃんとはまらない。それで上半身をインサイドアウト風の使い方をして、右へ打ち出しています。結果、安定しない」といってました。

 右へ打ち出すにしても、「上半身の使い方は、あくまでもアウトサイドイン」とのことのようです。
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/11(Mon) 11:29
 これは、詳しい人がいるとおもうので、その人に解説をまかせたいのですが、

 上半身はアウトサイドイン
 下半身はインサイトアウト

 になるのですが、そのいずれも鍵は、前傾角度。
 つまり、アドレスなのですが、この前傾角度(股関節からおった前傾角度)のようです。素振りしながら、このアドレスを、相当にチェックされました。

以上、報告おわり。
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:ラインメタル 投稿日:2016/01/11(Mon) 18:10
 今年もよろしくお願いします。

 右ヒンジングのポジション
 というのは、非常に微妙な問題を含んでいるかと・・・

 普通に右ヒンジングで操作すると、球筋や出足がかわるだけでなくて、シャンクがでたり、あたらなくなったり・・わずか微妙な差で、ヘッド軌道に大きな誤差が生じることがあります。
 という私も、右ヒンジングポジションを調整した経験があるのですが、このレッスンはかなり微妙なところがあるかとおもいます。
 そこで、素振りで、ヒンジング調整、ポジション確認・・というあたりのレッスンになるのではないかとおもいます。やはり、そこのレッスンプロは優秀ですね。
 
 素振りで、ポジション確認。
 その確認したポジションを、練習場でうってみる。
 ちなみに、レンジの練習場で、ヒンジングポジションを調整すると、とたんにシャンクしまくるとかでます・笑。
 やはり、素振りでポジション確認が無難かとおもいます。
 これは、意識しすぎると、紙一重で危険な要素があるとおもいます。まじに、スイング軌道がかわり、かわるのはいいのだけど、制御できなくなる。

 ま、すでに説明うけているか、練習場でやってみたかな?
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/11(Mon) 20:56
>グリップポジションをできるだけ低くする
コレは実感しています。左サイド引き上げとの兼ね合いに注意が要りますね。

>上半身はアウトサイドイン
 下半身はインサイトアウト あわせて、イントウイン。が、基本組み合わせ。

練習で45度ほどクローズに構え、上半身だけで通常の位置の球を飛球線方向に打つ。
フックしか出ませんが、「G物理学」の上半身の動きが再現できますヨ。
左サイド切り上げを入れると、フックの度合いが少なくなります。
グリップが低い所に収めるドリルにもなって、結構面白いですよ。
フェース向きと打ち出す方向を色々変えれば、インテンショナルフックに使えるかも。

>鍵は、前傾角度。
向心力を使うには、バックスイングから注意が必要ですね。

>いくいくは、右ヒンジングのポジション
>普通に右ヒンジングで操作すると、球筋や出足がかわるだけでなくて、シャンクがでたり、あたらなくなったり・・

ほとんどの人は、シャンクが出るとビックリして、すぐに直そうとしますネ。
でも、これではその時直ったとしても原因が分からず、不安だけが残ります。
自分は、シャンクが出ると、そのまま5発でも10発でも連続して打ちます。
そして自分のスイングを俯瞰的に見て、ああ、右肘がこうだから出た、右膝がこうだから出た、と原因を見つけて、「ココをこうしたら出ないかな」と色々やってみます。
昔、グリーンを前にして、シャンクでG一周した経験が生み出された対応策です(笑)

確かに右ヒンジングに意識が行くと、やり過ぎますね。
右ヒンジの動きを覚えたら、「クラブは両手で振る」に意識を持って来る。ですかね。

「G物理学」の良い所は、一つの理論に基づいた体の動きを細分化し、その動きをする為の関節&筋力の鍛え方まで掘り下げている事ですね。

素振りはやっていないけれど、推薦された広背筋中心の筋トレはジムで続けています。
ゴムチューブを引っ張るのは家でも出来るので、日課に。
3ヶ月後が楽しみ?!
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/11(Mon) 21:24
 うむ、ラインメタルさん、タニノチカラさん、
 そのアドバイスが遅い!!!

 本日、練習場でシャンクでまくり^^;

 ただ、根性で頑張った。
 いや、あれだけシャンクうてば、当面、うたないだろう。
 ぐらいうった。

 まだ、自信ないけど、確信^^
 いや、まじにわかったことがあった。
 うまく、説明できずにごめんなさい。

 シャンクも、とことんうってみた!!!!
[45321へのレス] 差15度にこだわる 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/01/11(Mon) 22:24
 右ヒンジングは、
>右ヒンジの動きを覚えたら、「クラブは両手で振る」に意識を持って来る

 で正解かと。
 とくに右サイドで振れない人にはいいドリルかと。
 ま、そりゃ軌道かわるから、シャンクがでるというとか、それまで右サイドからヘッドがはいっていないだけかと。
 これ、よりシャローにヘッドをいれる最大のポイントかと。
 インパクトゾーンが、決定的にひろがるとおもいます。

 あと、「ゴルフの物理学」で、やや異論があります。
 それは、下半身の回しすぎ。
 たぶん、これは、上半身と下半身の動きをマッチさせるために、やや極端にやってみせている・・というのもあるかもしれません。

 上半身がアウトサイドイン
 下半身がインサイドアウト

 は正しいとという前提で、異論提議・笑

 上半身で、上から下へ袈裟斬りにすると、たぶんその角度は15度から20度のアウトサイドイン(打球線に対して)
 そこで、股関節いれてトップの形をつくるけれど、90度はつくりすぎかと。
 下半身の角度を、15度から20度、インにいれてちょうど相殺されて、プラスマイナス0。
 ただこれだと、インパクト迎えると、アウトサイドインになる。
 そこでちょうど倍、30度から40度を下半身でつくりたい。

 インサイドアウトの角度が15度〜20度
 トップの形をつくって、その倍の30度〜40度
 この差、15度〜20度ぐらいが理想でないかとw

「ゴルフの物理学」では、わかりやすくするためだとおもうが、腰を回しすぎのような気がする。
 すでに指摘されているが、回した腰は戻さないとならない。この再現性は、かなりの練習量を要する。腰を回さずに(後ろへひかずに)右股関節に載せることで、倍の30度から40度の角度をつくりたい。つまり、腰はまわさない・・・
 と思った次第です。 
 なお、異論は認めます・笑。

 あと、前傾角度に関しては、別の機会でというか、これは非常に個性があり難しい話。
 ワシなんかは、レントゲン写真とって、自分の股関節の位置を確認したこともある・笑。
 つまり、整形外科医のゴルフ仲間がいうように、「実は股関節のポジションは、かなり個人差がある」
 ためしに、一度、自分の股関節のレントゲン写真とってみると、ややわかるかも・笑。

 で、新年よろしくです。


 
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/12(Tue) 12:19
 右ヒンジングポジションの確認は
>とくに右サイドで振れない人にはいいドリル
 ご指摘の通り。
 これもコロンブスの卵で、いままで、左腕ばかりに意識がいっていた。

 前傾角度と股関節の関係。
 というは、非常に個人差があるようですね。
 トップで無理なく、右股関節がはいり、ダウンで起き上がらずに、むしろシットダウン気味に動いて、フォローからフィニッシュへかけて、急激に起き上がらずに、自然と左股関節にのっていくポジション。左右のどちらへもスェーしないポジション。

 ただ、股関節というのは、普段ほとんど意識していないので、「股関節のストレッチと同時進行しつつ、最適なアドレスを模索」

 これは、ひとつひとつつくるではなくて、自然とそうなるようなポジションが必ずあるから、そのポジション・・前傾姿勢を探すのが、ミソだそうです。

「ほう、いろいろな欠点が、アドレスで一発でできちゃうのですか?」
 ときいたら、
「一発といわず、2−3発で決まるポジションが、必ずある」
 それが、アドレスと前傾姿勢だということらしい。
 いや、アドレスは奥が深い。

 上述の欠点をひとつひとつ修正しつつ、そのポジションを探すのが、ゴルファーの仕事といわれた。
 部分だけ修正しても簡単になおらない。
 アドレスから考える。

 いや、レントゲン写真とは、びっくりした。
 ただ、たしかにそれぐらいに、そのポジションは人によってちがうそうです。
 でも、はたからみたら、ほとんど違いがわからない。
「それで、いろいろチェックして、いろいろやってもらっています」
 w
 つまり、自分でみつけろ!ということのようです。
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/13(Wed) 08:42
↑と同じように、スイング全体のドリルと言うか再現をやるには、45度オープンに構えて、飛球線方向に打ち出す。

コレ、昔のジャンボ軍団の打ち方ですね。オープンに構えて、ドローを打つ。
最初は「45度右に打ち出す」と言うから「?!」って思ったが、(自分も結構真似していたので)20度〜30度位でOKなら違和感はなく、そう考えたら以前の様にドローが出た!

その他の「ゴルフ物理学」実践してみての感想です。
1、「クローズシフト」を意識してやってみたが、上手く行かない。
で、過去の自分のスイング映像を見たら、なんの事はない、普通にやっていた。
「無意識に出来ているのに、更に意識してやり、オーバードウで失敗する」って事は、ゴルフに良くある事ダナ。

2、左股関節の切り上げは今までもやっていたが、左腕の引き上げはダメと思っていた。
上半身の起き上がりと混同していた様です。肩が縦回転すれば、当然インパクトでは、左肩は上がる。そこをもう少し「向心力を意識して引き上げる」かな。

3、今一番慣れようとやっているのは、「タメと解放」
球に向かってグリップEを差し,解放をインパクトの瞬間まで我慢する。
これほど極端なタメと解放は、(自分の感触だが)していなかった。
アイアンでグリップを柔らかく握って行うと、フォローは正にR・ドナルドになりますね。
コレ、慣れれば力要らないので、楽かも?!

大造さんのレントゲンの件、自分もビックリ!
ご指摘の腰だが、映像で見る限り、90度も回っている様には見えないけれど。
しなやかな体で回っている様に見えるが、せいぜい45度か50度くらいじゃないかな?
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/01/13(Wed) 20:09
>ご指摘の腰だが、映像で見る限り、90度も回っている様には見えないけれど。
しなやかな体で回っている様に見えるが、せいぜい45度か50度くらいじゃないかな?

 了解です。

 で、

>1、「クローズシフト」を意識してやってみたが、上手く行かない。

 これは、ここを覗くようなゴルファーさんなら、ほとんどの人が、体重移動とかのドリルやっているので、すでにできているかと。むしろ、体重移動を抑える意識の方が、「クローズシフト」になっちゃうのではないかとおもいます。これは、股関節間の微妙な重心移動かと。

>2、左股関節の切り上げ・・・・

 これは簡単にふたつにタイプにわけることができないか?
「ゴルフ物理学」でも微妙な表現になっていたり、ちがう表現になっていたりしていますね。逆に、これがあるから、彼を信用するのですが。

 簡単にワシ流に整理すと、

 股関節の切り上げは異論なし。

 問題は、その時に左膝がどうなっているか?

1:スライサーなら、左膝の角度をのこしたまま(伸ばさずに)、股関節を切り上げる。

 を推薦。

2:フッカーさんなら、膝と同時に股関節を切り上げる。

 あたりで、どうか?

 さらに昔の名前さんのレッスンプロさんの言だと、たぶん「自然と切り上がっていく、アドレスでのポジションがある」となるのかな。
 個人的には、ゴルフスイングに秘密はないとおもうが、どうも、このアドレスにはまだ秘密がたくさん、あるような気がしています。
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/13(Wed) 21:47
以前は、「左膝は伸ばさない」が基本だったが、いつから「伸ばす」と言うスイングが入ってきたのでしょうかね? やっぱり、タイガーからかな。

「伸ばさない」を長い事やってきたので、中々すっきり「伸ばす」にならないのも事実ですね。
それが、フックとスライスにどう繋がるのか、スイングイメージは分かりますので、週末の練習で試してみましょう。
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:ラインメタル 投稿日:2016/01/13(Wed) 22:36
 非常に「興味深い」テーマやっていますね。
 正直、私にはわからないところがあるのですが・・・

 おもうに、左股関節の切り上げ・・というのは実感しにくい。
 私も野次馬さんにあって、「左腰を引く動きと、左股関節を切り上げる動きというのは紙一重なんだよな」と説明をきいた。野次馬さんも確信的でなくて、「なんちゅうか、切り上げたほうが、ほら、なんかうちだし方向がよくるなじゃない?それこそ、ミスがへる」・・・みたいな。たぶん、これはコースというか、ここ一番でのショットのミスの防御みたいなことをいっていた。

 ただ、ひとつだけ実感できる動きがあるとしたら・・・と
「左腰を後ろに引かずに、(回さずに)、左膝を伸ばしてみる」
 そうすると「左股関節が切り上がる感覚がわかるかも」
 とのことで、いろいろ話をして、いろいろうってみた経験があります。

 個人の感覚でいいだろう・・・というと身も蓋もないのですが、「左膝を伸ばさずに、左股関節が切り上がる感覚」をつかむのは非常に難しいと思うのです。

 やはり、これはタイガーや、松山選手の影響ですね。
 石川選手は、後ろに引いている。つまり回している。
 タイガーや、松山選手は切り上げている。

 と私は見えるのですが、いかがでしょうか?

 個人的には、「股関節切り上げてから、左膝のびる」という感覚で、前傾も維持できて、そのまま背中越しに、大きく自然とフィニッシュになるので、いいかな?という感じ。
 ただ、別のゴルフ仲間は、「左膝を伸ばしてフィニッシュとっているから、フォローが大きくなっている」といわれた^^;
 ちょい、本人の感覚とちがうのだけど。
 ま、いいかみたいな。
 正直、わかりません・笑

 なお、これはスライサーかフックカーとかいう話ではないんじゃないか・・・
 あえて、大造さんに異論をいってみる。

 いや、それを意識することで、途中の軌道というか、ヘッドの入り方が、がかわるということなのだろうか?それならやや理解可能。

 同じく、イメージはつたわりますので、私も練習場うってみたいです。
 もしかすると、この辺の確信がないのが、私の欠陥なのかな?ともおもったりしてりして・・・・w
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/15(Fri) 19:18
部屋でシャドースイングしている限りでは、
>左膝の角度をのこしたまま(伸ばさずに)、股関節を切り上げる。
は、体の動きとしては不可能じゃないかな。
膝を伸ばさないのであれば、ラインメタルさんの言うように、「回転」になりますね。

左膝伸ばす+左股関節切り上げ=ドロー。
左膝伸ばさない+左腰回転=フェード。
なら、納得ですが、どうでしょうか?!
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/01/15(Fri) 20:33
 了解です。

 素朴に、100切ったけれど、でもスライサーさんに特効薬的な効果があるのが、左膝の位置を動かさずに、フォローからフィニッシュをとってみるという動き。最初は、極端にアウトサイドインにはいってしまうこともあるけれど、練習場で100球もうてば、極端なスライスは消える・・・・
 という前提にたって、いってみました。

 なぜこれに拘るかというと、やはりクラブの進化と密接に関係あるとおもっているからです。とにかく今の道具は、MBのアイアンにしても、「自然と捕まるよう」なヘッドの動きをする。
 自分からローテーションさせなくても、ヘッドはボールをつかまえようという動きをする。
 この時に、この捕まり具合の、度合いというのは、左膝の動きにあるのではないか?とおもっているので、ちょい、提案してみました。

 なお、

>左膝の角度をのこしたまま(伸ばさずに)、股関節を切り上げる

 ですが、これはそれこそ、いま、昔の名前さんが取り組んでいる素振りドリルで、ある程度実感できるかと。

 手順w
1:基本的に、右肩上から左腰下への、斜め上から下への素振りをやってみる。いわゆる袈裟斬りです。
2:この時に、突く差すとか、剣道のメーンでもいいけど、力をいれるのは、上から下への一瞬。なお袈裟斬りするときに、コックは解きませんねw(黒沢映画参照)
3:一応、実験なので、腰とか回さずに体を正面むけたまま、アウトサイドインで袈裟斬りする。
4:その時に、左膝と股関節の動きを意識する。

 たぶん、この状態で、上から下へ袈裟斬りしても、左膝の位置はほぼ、そのままにしておくと、ヘッドの勢いで左股関節が切り上がるような動きをしないか?
 というお話です。

 ま、これは試しにやってみても、そう悪い癖はつかないとおもうので、各人ちょっとやってみませんか?

 アイアンもって、右斜め上から、左斜め下へ、袈裟斬りにしてみる。この時に、左膝と左股関節がどう、反応するか・・・
 この時に、左膝を動かさないようにしておくと、左股関節が自然ときりあがらないか?
 で、この感覚があるうちに、普通に球をうったら、75%はドローか、フックになる。つまり、ヘッドが自動的に球を捕まえている。

 ま、そういう話で、論理とかでなくて、人によっては、これで一発で、スライサーから脱却出来た人もいるので、ま、提案してみたわけです。
 なお、この動きは、そう副作用も、悪影響もないので、ちょい練習場でやってみるといいかもしれないという提案でした。

 なお、フッカーさんや、方向性の悪い方も、ちょっとやってみると新し発見があるかもしれません。

 ま、繰り返しますが、副作用はそうないので、一度、どぞ!
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2016/01/15(Fri) 21:26
下記も参考になりますね。

hhttps://www.youtube.com/watch?v=1vFIpiVinUo
左膝を伸ばす使い方の是非【ゴルフスイング物理学】
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2016/01/15(Fri) 21:28
 訂正というか、追加

>なお、フッカーさんや、方向性の悪い方も、ちょっとやってみると新し発見があるかもしれません。

 いわゆる引っ掛けや、突っ掛け気味にはいったフックと、ちゃんとつかまったフックというか、ドローになるのではないか?
 また、スライスの横回転がへったフェードでなくて、ちゃんとつかまったフェードになるのではないか?

 という提案でした。
[45321へのレス] Re: 新年:素振りしていますか? 投稿者:昔の名前2016 投稿日:2016/01/15(Fri) 22:15
 なるほど・・・
 どっちにしても、一発で、きまる話は好きです。

 いや・・・
 その手抜きでなくて・・・^^;

 左膝というのは、やはり、上手な人はちゃんと意識していたというのが、よくわかります。
 正直いって、こっちは、いままで右サイドで手一杯でした。

「がんばれよ!と、じっとみる、我が左膝」

 みんな、左膝みたことある?

 

[45312] 今年の事・来年の事 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/29(Tue) 11:33
以前は、年末にこんなスレで盛り上がった事もありました。
久しぶりに、やってみませんか。 自慢、失敗、目標、なんでもありで。

では、私から、今年の3大トピックス!
1、アノ、廣野ゴルフ倶楽部(世界のコース100選で40位!)で初ラウンド!
 黒松の林でセパレート。FW広く、ショートH含めて非常に綺麗なゴルフ場です。
 ただ、小さ目のグリーン、背丈ほどあるアリソンバンカーで、G周りが難しい。
 キャディーさんは、1組で二人付きますが、ティーGには上がりません。以前は、グリーンにも上がらなかった様です。グリーンは、自分で読め!
 前半、アリソンBからホームランで40台、後半アリソンBから砂一で30台!
 メンテナンスはもちろん、格の高さ、敷居の高さ、Gフィの高さ、いずれも別格!
「ゴルファーなら廣野を見てから○ね」 ハイ!思い残すことなく・・・。

2、インター倶楽部選手権に参加
 選手選考競技会(複数あり)に初めてエントリーして、運よく選出された。
 団体戦の緊張感が面白い。70台でチームに貢献、足を引っ張らずに済んで良かった。

3、大きな試合で、1H大叩き!で、まさかの予選落ち!
 確か20数年前にも。・・・1Hで10叩き!(2つのバンカー往復ビンタで5打?!)
 廣野のアリソンBでもクリアー出来たのに・・・。
 「ゴルフって、何があるか分からない」を再認識しました?!

今年は、「とりあえず70台」と思っているので70台がでたり出なかったり。
来年は、「とりえず75」とやれば、マネジメントも1打の質も変わって、常時70台かも?!(笑)

来年もよろしく!  良いお年をお迎えください。
[45312へのレス] Re: 今年の事・来年の事 投稿者:マンチャイ 投稿日:2015/12/29(Tue) 19:56
タニさん、今年の自慢と失敗ですね。
自慢
ゴルフパートナーカップで全国大会決勝
に行けました。カット81でしたが79で。
タニさんは廣野ですが私は川奈です。
失敗は、せっかく決勝言ったのに90近くうってしまいました。
[45312へのレス] Re: 今年の事・来年の事 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/30(Wed) 22:23
 今年は、落とす、突く、差すが、なんとなく身について、アイアンがきれた。ホームコースだけど、70台がでるようになった。
 ところが、肝心の右サイドができずに、どんどん、真ん中へ。
 なんちゃって、ダウンブロー。
 傾向としては、1wが吹き上がる。
 アイアンが厚めにはいる。
 ショートアイアンの割には、ミドルやロングアイアンがとんでいない。1wも、もっと飛ぶはずと・・・とおもって、ドツボにはまる。
 わかっているが、ドツボにはまりました。
 みなさんの、アドバイスは感謝感激。
 わかっているけど、できない・・・
 というゴルフを経験。
 いい、経験ができました。
[45312へのレス] Re: 今年の事・来年の事 投稿者:taka 投稿日:2015/12/31(Thu) 06:34
今年は、飛距離アップを目的に、ジムに入って、パーソナルトレーナーについて、とにかく、けがのない、柔らかくて、強い体つくりをしました。2日に一回以上、通ったようなきがします。飛距離アップは、道なかばというところです。体は、強く、確かに柔らかくなっては、いるけど、やっぱり、技術的な問題が大きい。今年後半の課題。左足伸ばしと前傾維持が今一つ克服できないところが大きいです。
 あとは、とにかく、今年は、ラウンド数が多かった。去年までは、月、3−4回だったのが、10回近く回った月もあったくらい。お金がとんでもないくらい、かかった。
 スコアがいまひとつ。ホームコースにほとんどいかなかったこともあるけど。なので、競技には、ほとんどでなかった。うちはのコンペでベスグロを数回だしたくらい。
 来年は、とにかく、飛距離アップ。この間のレッスンで、ちょっと、よくなってきたような、気がするので、とにかく、かんばるのみです。クロスするぐらい、体を捻転して、ダウンでおもいっきり、左足を伸ばす。その際、絶対に前傾キープ。フイニッシュは、右足つま先まで、しっかり、伸ばす。
[45312へのレス] Re: 今年の事・来年の事 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/31(Thu) 10:39
 来年は70歳の大台。
 だけど、同じ前後の年齢のゴルファーみな元気がいい。
 一昨年、もういいだとうと、50歳の後輩にクラチャンをゆずったつもりでいたが、なんのことなく、実力、体力不足だった。今年、取り返しにいったが、準決勝で、72歳の先輩に19ホールで負けた・笑。
 クラブの老朽化、メンバーの老朽化という問題もあるとおもうが、そんこといってられん。自分が、老朽化していた。
 ストレッチを中心にやっている。そうか、ワシもトレーナーつけようかな。いいこと、おしえてもらいました。
 ちなみに、ストレッチは、やればやるほど、体はもどるし、逆によくなる。来年は、グランドシニアへの挑戦権ができるので、それで全国いくつもり。
[45312へのレス] Re: 今年の事・来年の事 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/31(Thu) 17:00
 今年は、いわゆるトップアマと言われる方と、ラウンドする機会が多かった。で、なにが違うかというと、実は、そんなに違いはない。ミスるときは、ミスるし、OBうつときは、うつし、外す時ははずす。
 ただ、向こうは、調子悪くても予選通るけど、おれはそこそこなのに、予選通らない。これが、大きさ差だった。
[45312へのレス] Re: 今年の事・来年の事 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/31(Thu) 17:04
 途中で切れました・・・

 で、ここ一番で、向こうは確実にパーをとる。
 おれは、えてすると、ここでボギーうっていた。

 以上

[45291] 右肘の落とす位置 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/22(Tue) 21:52
ココでもそうだが、通常は、右肘は真下に落として右わき腹に付け、グリップエンドは右足右側辺りに差す、ですよね?(先週号のWGDにもこの記事があった)
これが、右腰を回転して打つ。いわゆる「右腰で打つ」に繋がるのかな。

ただこれを「ゴルフ物理スイング」でやると、右腰を普段よりかなり速く回転させないと、チーピン・フックになりやすい。(森田理香子、穴井詩は、インパクトで腰が飛球方向に向いているが、アレぐらいの右腰の回転が必要かも)

で、もう一度映像を見ると、「両肘は、引っ張りたい方向(球)に向ける(落とす)」と。
たまたま一緒に見ていたTV(GOLF NETWORK:ゴルフ・フィックスのマイケルグリード)も、「右肘は真下に落とすのではなく、野球の下手投げピッチャーの様に、右肘を前に出して投げる感じでスイングする」と言っているではないか?!

よって、トップから、右肘を真下ではなく斜め左に落とし、右脇腹ではなく少しヘソに近い所に付け、グリップエンドは球を差すようにして打った。
すると球は、フックになる事無く、右に出て真ん中に戻って来るドローに!?

また、右腰の回転を意識するのではなく、左股関節の切り上げでインパクトに向かうので、少し時間的余裕が出来る感じがする。
「右腰で打つ」を後輪駆動とすれば、「左股関節切り上げで打つ」は、前輪駆動かな。

ただコレは、アイアン、UT、5Wまで試して良かったが、ドライバーを数発打った所で、打ち放題時間切れ!残念。
明日、また検証しよう。

ココの皆さんは、右肘の落とす所は、真下?それとも少し斜め左?
又は、クラブによって変えている?

また、スイングによって違うのかも?
[45291へのレス] 抜刀会心 投稿者:Q 投稿日:2015/12/22(Tue) 23:06
上から叩け!
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/23(Wed) 21:55
>上から叩け!

「ゴルフ物理スイング」でも、最初に「肩口から左に振り降ろす」、と言っているのに、先日は、最後のインパクト直前で、下から右手であおっていた様です。

今日の練習は、ドライバー中心に。
両肘を(青い稲妻付けたイメージで)球方向に振り降ろす、右肘は右腰のヘソ寄りに落とす、グリップエンドは球を差す、コックは最後まで解かない、打ち出し方向(イメージ)は右45度。

当然、この打ち方ではフック、チーピンは、出るはずもなく、プッシュ&プッシュスライスの嵐!(笑)

その45度プッシュから、グリップやボール位置や打ち出し方向の見直し等で、徐々に右10度〜15度ぐらいのプッシュまで戻してきたが、そこからのドローが中々出ない。

アドレスは逆ハの字なので、少し開いている右足を飛球線直角にすれば、その15度はある程度直るのだが、このスイングでは外に打ち出して戻ってくるドローを打ちたいので、もっと打ち込みが必要ダナ。

今日の所は、「右肘は真下に落として右わき腹に付ける」はなく、「真下から少し左前に落としてヘソ寄りに付ける」の方が、インパクト感が良い感じです。
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:Q 投稿日:2015/12/24(Thu) 00:41
先に、腕の長さが変わらないように、大きく振れれば、
「ああ、今のは手で先に打ちに行ったな」
とか、
「今のトップはヌルかったな、だから尺が余っちゃったんだな」
とか分かるし。
何となく、流行ってるから、アッパーで打とうとすると、ヘッドスピードと、スピン量と、体力??の兼ね合いで、ややこしくなるよ。
尺が狂わないように、しっかり振れれば、徐々に、通していくライン変えれます。

その先のお話しを皆さんとしたいので、やっぱりロムしてます。
(すごい量、打たないと無理かも、です)
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/24(Thu) 14:03
 右45度へ打ち出す練習。
 ワシも球筋の調整でやるけれど、
1;グリップ圧を変えてみる
2:その傾向だと、右手グリップの人差し指と親指を外すというか、うかせる。
 ローテとか考えずに、同じように打ち出す。
 ドローになるはず。

 これでドローにならない場合は、左肩の背中の後ろにある目を意識する。目が打球方向みているように・・。

 ごくごく当たり前の、方法なのだけど、
 あとは、考えずに、それだけやると・・・・

 右肘の使い方が自然とかわる。右肘の引きつけがかわる。
 もちろん、これはある程度、スイングが、できているひと向けの方法だけど。
 グリップと、グリップ圧、左肩や左肩甲骨の使い方をちょっとかえるだけで、変化するという感覚がわかるとおもう。

 また、腕の尺の問題。
 前に、昔の名前さんが、右肘の内側を、体の正面にむけたまま、スイングすると右腕が短くなりダフリにくくなる。と指摘。
 これは、左腕が長くなっている。
 インパクト、終えると、今度は、右腕が長くなり、左腕は、左肩胛骨に自然と引かれて短くなる・・・。
 実は、これは人間の体が自然と反応する動き。

 グリップ圧(特に右手をフィンガーでにぎり、圧を調整してみる。これで、ダウンでの右肘の使い方が自然とかわる。
 アドレスからダウンで、右肘の内側の向きを、ちょっと意識してかえると、左腕の尺が伸びたり、縮んだりする。実は、ここでも右肘の使い方もかわってくる。

 というあたりで、グリップ圧と肘の向きで調整すると、いいかもしれない。
 急がばまわれ方式とか、体は連動している法則とか・・・
 スイングそのものを、かえる必要なく、かわる方式ともいいますね。

 これは右肘の自動調整方法。
 実は、同じように左肘の自動調整方法もあるけれど、また、別の機会で。
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:マンチャイ 投稿日:2015/12/24(Thu) 14:25
右肘をへその前を通す意識ですね。
すると何がおこるかというと
前傾姿勢は自然に維持され
左股関節が自然に切り上がり
手元は体の近くを通り、フォローでヘッドはローテさせず、
必ずインに入る。これってフェードの打ち方じゃないですか?
右肘を体の前を通す意識で振る時は、フェードをイメージしますよ。飛距離はドローより飛んでる時が多いです。
イメージはシャットに上げて、フォローでは閉じない。
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/24(Thu) 21:14
 タニノチカラさんは、いわゆる「右ヒンジング」の使い方を問題提起。
 Qさんは、ヒンジングと直接つながる、尺というか、左右の腕の長さはかわる・・・いや、かえてみる・・と問題提起。

 で、無難に大造さんが、かわした感じ。

 マンチャイさんは、具体的な、体の使い方を提起。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 これは、みな手ごわいですw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 では、私もひとつ参加。

 ヘッドが走る感覚がわかっている人なら、上記4人の感覚は、「おれはそうは、つかわない、おれならこうつかう」とかあってもいいけど、理解可能かと。

 では、これは、ちょっと悪いけれど、まだ、ヘッドが走る感覚を掴みかけている昔の名前さんや、掴んでいない人もいるとおもうので、整理。

 上から叩くでも、落とすでも、突くでも、差すでも、スイカ割でも、袈裟斬りでも、なんでもいいから、まず、やってみる。
 ほら、それが、ヘッドが走る感覚です。

 たしかに、ヘッドが走る感覚がわかっても、じゃ、どう当てるとか、どうコントロールするかで、すごい悩むとおもう。

 なんで、それいうかというと、つい最近まで、私がそうだったから。だから、よくわかります。ここで、今の提案の上の4人の手練手管のゴルファーさんのいうこと、聞いてはだめですwww
 これも、私も、さんざん聞いて、苦労したからw

 で、逆提案。
 ヘッドが走る感覚がわかったら、
「けだるく」振ってみる。そうしたら、もっとヘッドが走る。

 この「けだるく」って表現は、他にもたくさん種類があるけど、「頑張る」のだけど、「頑張らない」とか・・・
 ようは、もっとヘッドが走る感覚。
 これつかんでから、上の手練手管の人の話を聞いたほうがいい。これ、絶対^^

 そこで「けだるく」(他でもオケ。体はそんなにつかわないのに、ヘッドがはしる。走らせる)振ってみる。
 それで、体を使ってみたら、上述の、手練手管さんのいっていることを、やってみていいかと。
 ここで、ヒンジングからいくか、尺でいくか、そこは、あなたの好みでどうぞ!

「けだるく」振っている私ですが、そのきっかけは、前に書いたけれど、野次馬さんでした。
なる・・・この手のおっさんは(ごめんなさい)、こういう感じでアイアンをピンにからませるのか・・・というところ。原則、フェード、ストレートだけど、スライス回転いれている。そしてラインだしていますね。そりゃ、ピンにからむは・・・みたいな。
 前に書いたけれど。
 これは、まいったな^^

 うんで、メリークリスマス!!!!


 、
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/24(Thu) 22:03
目標より右10Yにフェースが向いて、更にそれより右10Yに打ち出すと、球は右10Yに出て、ドローで目標に戻って来るのに、フェース向きと同じ右10Yに打ち出していましたね。
「ゴルフ物理学」をスイングしているのに、物理で考えてイメージ作ってなかったナ。

自分の場合は、まずイメージダナ。それが出来れば、体は勝手についてくる。もし出来ない動きがあれば、検証して、実践する。(知らない動きが結構多いけれど?!)

「タメは両腕の長さの違いで作る」と言う事で考えて、右ひじの曲げも合わせて少し開放のタイミングが悪かった様でした。
そか、グリップ圧。これも次回意識してみよう。
左肩の目で見る=しっかり肩を回せって事ですね。
コレはやりました。ハイ、ドローになりました。コレは正論?ですが、試合で毎ホール、且つ、最後まで回せるか?を考えて、他の方法も合わせて考えてみます。


マンチャイさん、お久!ですね。
Facebookでも、ゴルフの話をしているのですか?
書かれているのは、マンチャイさんの基本スイングですね。

>これってフェードの打ち方じゃないですか?
そう、自分もそう思います(笑)
でも、ここまでやってきたので(って、練習2回とラウンド1回だけですが)、ドローのイメージが確立できるまでやって、次にフェードに移ろうと。多分フェードの方が馴染みやすいかな。

しかし、1回目でチーピン&フック、2回目でプッシュ&プッシュスライス。
この両極端の後、皆さんの意見を参考にしての、次の3回目が非常に楽しみです。

オット、被りそうになった、ラインメタルさん。
言われている事、正解!です。  でも、自分の考えでは、順番が逆だな。
自分で色々考えて、動きを検証して、イメージ出来てから、「けだるく」振ろう。
やっぱ、プロセスあっての結果でないと、「ゴルフ」が面白くないからね。
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/25(Fri) 11:53
 アイアンはフェードで、グリーンにおく。
 今のアイアンは捕まりがよくなっているから、ショートアイアン以下だと簡単に、ドロー回転かかる。それでもスピンでとめることができるけれど、できるだけドロー回転かけずに、できたらスライス回転かかるぐらいに、抑えてうつと、スピンもかかるし、イメージは、トン、コロ。戻ってくるほど、バックスピンはかからない。
 これは、たしかにアマ御用達。
 スライス系のボールはラインをだしやすい。
 そして、これなら初心時代から、多くの人はうっている。

 これもスイング変えずに調整できますね。
 グリップ圧を強めにすればいいだけ。
 ヘッドのトルクが働いで、フェースは自然とボールつかまえようとするから、その動きをちょっと抑えるイメージ。グリップ圧だけで調整するのが、再現性高いし、神経質になることはない。まして、へんな癖がつかない。

 次は、スライス系は、弾道が高くなるとおもうかもしれない。
 実際に、ちゃんとうてば・・・高くなる。
 だが、これも初心者の頃を思い出して欲しい。
 結構、みな低めのスライスうっていた。

 不思議だとおもったのは、昔の名前さんは、突くからはいって、アイアンのさばきをおぼえてしまった。フェード系の中弾道のアイアン。上から打ち込んで、球を押さえ込むような打ち方。
 これは実は、低めにでて、めくり上がるようなボールをうつ方法。パンチ系の打ち方だね。しかも、ドロー系でなくて、フェード系をうっているとおもう。
 実は、パンチ系は、ドローになる。いわゆるフェード系をうつのは難しいとされる。なるほど、それできちゃったんだ!!!
 と関心して、突くをやってみたら、コックを溜め込んで突くと、そういうボールになる。突くには、こういうメカニズムのあるのかと、関心した。
 ただ、ここから、普通の弾道の球を打とうとすると、厚めにはいるというか、ダフリやすくもなるね。
 そして、パンチ系だと、ショートアイアンは飛距離面でそんなに違和感ないとおもうけど、ミドルアイアンやロングアイアンだと、かなり飛距離を損することになるとおもう。
 たぶん、この辺の壁にあたったんだろうな・・・
 と、忖度していた。
 なお、解決方法は・・・・ま、自分でもうみつけているとおもう。
 基本は、インパクトでドカーンといってターフとるのでなくて、インパクト後もヘッドが、勝手に走っている感覚。
 ヘッドが走る・・・ヘッドがはしるには、体が邪魔しないこと。これは、ラインメタルさんが詳しいので、きいてみたらいいと思う。
 
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/25(Fri) 14:38
 なるほど、ヘッドは2度加速するですね。

 紹介されたレッスンプロ氏のところいってきました。

「ヘッドは2度加速する」おそわってきました。
 今冬の私のテーマですね。
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/25(Fri) 21:32
>今冬の私のテーマですね。
昔の名前さん、もう次の課題に移動ですか?  それって、私より早い!(笑)

自分は、このスイングで昔からの欠点を再確認したので、もう少しやりますヨ。

10年ほど前に、札幌のトップアマの石川さん(ココでも色々と話題を提供された)とラウンドした時に、「タニさんは、これだからね〜」と、右手を上手投げのジェスチャー。
そう、右手が逆くの字になってしまい、アウトサイドインで引っかけに。
当時はまだ「落とす」が身についていなかったが、今でも、右サイドが怖いとか、飛ばそうとした時にたまに出てしまい、引っかけに。
コレを「ゴルフ物理学」をやるにあたって思い出したので、今回のスレを。

参考にしたのが、下記の動画。

1、両肘の幅が狭いし、へその横まで右肘が来ている。インパクトで、グリップエンドが左腰外側を向くまでハンドファースト! タイガーはこの形が多いね。
hhttps://www.youtube.com/watch?v=Del6_ZWJjL0
【タイガーウッズ】スイング分析 5番アイアンのダウンブローがすごい!!

2、ショット前の素振りが、「ゴルフ物理学」とそっくり!
hhttps://www.youtube.com/watch?v=UwW2gBVtOK0
タイガーウッズ アイアン50連発!狙う正確なアイアン!

3、右肘もそうだが、フォローの手の返しが凄い!
hhttps://www.youtube.com/watch?v=BlLLxDQpAlI
【ルークドナルド】アイアンショットの連続写真 綺麗すぎるスイング軌道に見とれる

4、ドナルドと違って、フォローの手の返しがすくないネ。コレは右肘のみ参考に。
hhttps://www.youtube.com/watch?v=YWq-sL-Fpdc
アダム・スコット スイング解析

いずれも、右肘が体を向いてへその近くに付けている。
(森田理香子、穴井詩が、右ポケットではなく、後ポケットに落として、右腰と一緒に回転しているのと、大きな違いですね。)

また、全員「青い稲妻」を付けて練習したに違いない、と思うぐらい、両肘の間隔が狭く、両腕で降ろしているね。
こうして見ると、「ゴルフ物理学」のスイングって、タイガーに似ていると思いませんか?
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/25(Fri) 23:08
 タニノチカラさん。
 新しい課題というか、同じテーマです^^:
 このまま自分でだけでやっていても、堂々巡りということで、紹介をうけて、レッスンプロの門をたたきました。
 やや遠方(車飛ばして往復2時間w)ですが、なんどかメールや動画をやり取りして、門下にいれてもらいました。

 課題は、右サイドをつかえていない。
 ヘッドが、最初の加速だけで、次の加速が使えていない。
 加速がつかえてないから、コントロールできていない。
 基本は、ゴルフの物理学とほぼ、一緒です。

 初日は、球をほとんどうたずに、ひたすら問答。
 こっちが参考にしたい動画なんかもみてもらったり、自分では、どこがどううまくいっていないとおもうかの、自己診断。
 では・・・とボールうったのは、15分ぐらい。
 ウエッジから、ショートアイアン、ミドルアイアン、ロングアイアン、FW、1Wと・・・・全部、数球wwww。

「うまいじゃないですか?」と、褒め上手。ひたすら褒める!
 どこをどうせ!とは、いわない。

 では・・・・と、当面のプログラムを組んでくれた。
 これが・・・・ほとんど、素振りでした。
 
 素振りの見本をみせてくれた。
 左手一本の素振り。右手一本の素振り。
 そのとき、手や頭や肘や膝のポジションがどこにきているか。ヘッドがどこにおさまっているか。まず、自分で確認。
 そうして両手の素振り。

 その時に、おさめるポジションを3つ。
 この3つをよろしくみたいな。

 ところが、あれ・・・同じポジションにきていないみたいな・・・
 できるだけ、指定したポジションに収まるように、素振りしてみましょう。
 が、当面の課題。
 あとは、球打とうが、ラウンドしようが、「自由に!」
 ただ、その素振りだけよろしくみたいな。
 月に2回のペースでかよってみるつもりです。
 また、報告します。

以上
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/26(Sat) 08:57
昔の名前さん。
いよいよ本格的にチャレンジですね。

>そのとき、手や頭や肘や膝のポジションがどこにきているか。ヘッドがどこにおさまっているか

自分は、ワンポイントLを別にすれば、一度もティーチングを受けた事がないけれど、これは一番大事なポイントでしょうね。

>その時に、おさめるポジションを3つ。

ココを是非、内緒で教えて!

「ゴルフ物理学」の方は、長野県松本市で「スタジオコア」と言うトレーニングジムを経営している様で、そこでフィジカル面とゴルフスイングの両方を教えてもらいたいナと。
・目標となるスイング
・そのスイングにするには、体のどこの動き、ポジションが悪いのか(可動域、筋力等)
・それを解決するには、どこの筋力・関節を鍛える&ストレッチするのが良いのか。その方法は。

長野県松本市って、この春に出張で行きましたが、結構遠い!が、良い所。
春までに一度、(2泊3日温泉付きで)教えて貰いに行ってみようかなと、考えています(笑)
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/26(Sat) 13:25
 タニノチカラさん。

 松本市の「スタジオコア」も考えたw
 ただ、通うには、ちと・・・遠いみたいな。
 そうか、2泊3日の温泉付きという手もあったか・・・さすがは、「手練手管のゴルファーさん」(なお、命名は俺でなくて、ラインメタルさんだから、クレームはラインメタルさんへ)

 いわゆる、プロコーチで、アマは70台だした経験のある人。アマだから、一生懸命練習できないから、一生懸命考える人。研究する人が条件で、まず、スイングよりも、これまでどうやってきて、どこに躓いているかメールしたり、自分のスイングの動画をおくる、参考にしていたり、今後参考にするであろう、動画もおくる。
 こっちは、ゴルフ物理の動画おくったw
 また、野次馬さんの突く差すもおくた。
 WGSLも、桑田泉さんもおくった。

「ほう、すごい研究熱心ですね」といわれた。
 ゴルフ物理学の人とは、トレナーさんとしてすごい優秀。面識ありとのことです。そこにもトレーナーさんがいるのですが、「よく、あそこまで公開した」と関心していた。とにかく、人や他人を批判しない人たちですね。どうも、これがモットーみたいな。だから、全体がすごい穏やかな雰囲気。若手プロや、バリバリのアマ、あれ顔みたことあるな・・とういうプロの人もいて、ちょっとおどおどしていたら、
「ゴルフは、人は人、自分は自分です。他人は気にしない。気にするのは、パーおじさんだけ」とトレーナーの人。

 で、おさめる3つのポジション。
 基本は2つ。私はもう一つ加わった。
 左右の片手の素振り。基本は、トップとフィニッシュのポジション。
 左手の素振りは、基本はゴルフ物理学とほぼ同じ。右手の素振りは、そのまったく逆。・・・・あれれれ・・・とおもった。
 左右おなじように、袈裟斬りする。これは、トレナーさんが推薦した方法らしい。左右のバランスを養うためらしいです。そのコーチはとぼけていて、おれは右は必要ないとおもうのだが、うちのトレーナーがいうから、やってみて・・みたいな感じ。そうしたら、そのトレーナーさんは、ここは譲れないというww

 そうして両手の素振り。
 基本は、トップとフィニッシュのポジション。
 そのときの、グリップ圧(これは大造さんとも通じていた)
 前傾維持はできているからと、もう一つが、膝のポジション。
 コーチは、頭の位置(目線)でいいんじゃない?といったら、トレーナーさんが、いや、この人は、膝のポジション。
 結構、二人で、言い合いして、人に素振りさせている・笑。

 俺も、おっちょこちょいだから、では、4つやりましょうか?
 といったら、人間同時に意識できるのは、3つだから、ここは、3つで我慢してください・・・といわれた。

 それで、トップ、フィニッシュ、膝のポジションの3つになりました。これは、人によってちがうようです。

 このトレーナーの人のツッコミがおもしろくて、

「アマは、筋肉バカの真似はできないので、頭でやりましょう。頭。つまりヘッド」とアイアンのヘッドを、かじるような真似する。

 ちなみに、レッスン料ですが、いわゆる昔かよった、ミズノゴルフスクールと、ほぼ同じ料金体系です。なんでも、昔は、ミズノでおしえていたかららしいw
 ただ、地元の人からは、高いといわれているらしいです。

 なお、ボールはコースボール、レンジボールが混在していますが、芝というか、土のうえからもうてます。これが、すごい魅力的にみえた。
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/26(Sat) 15:05
 なお、ちょっとおもしろい話を追加。

 ゴルフのレッスンで、一番、大変で難しいのが、「初心者におしえること」だそうですw

 さらに、「ある程度出来る人が一番楽なんだよね。ちょっとヒントやら、提案したり、体のトレーニング方法教えて、はまったら勝手に上手くなる。だから、うちは初心者や中級者コースは、今は、やっていない。初心者や中級者には、ちょい近所のスクール紹介している。あ、そこのコーチは俺の後輩だから、よろしく!」と、なんともあけっぴろな、コーチでした。
 wwww
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/26(Sat) 17:39
>「ある程度出来る人が一番楽なんだよね。ちょっとヒントやら、提案したり、体のトレーニング方法教えて、はまったら勝手に上手くなる」

 は、笑った。
 ワシも全盛期のタイガーウッズだったら、コーチしたい。
 何をしても、しなくても、ランキング上位は間違いないからな。
 むしろ、何もしないほうがいいかもしれない・笑
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/26(Sat) 18:36
 やはり、環境が一番大きいかと。
 私も通いたいのですが、地図でみると東京より近いのですが、高速が横に走っているので、片道2時間以上かかる。

 若手の男子プロだと、シード入りしている人が、2−3人
 シニアプロもよく練習している。
 女子プロだと、昨年、2位までいったけど、優勝できずに泣いていた子など、シード入り選手が3人はいるはず。
 アマもシングルご用達というか、ミッドアマ常連とか関東アマ常連の人が多い。ある人は、泊りがけで練習にきているはず。
 結構、遠方の人が多いですよ。片道1時間なら、近いほうかと・笑。

 あと、そのトレーナーさん注意。
 小柄だけど、柔道の軽量級の全日本の強化選手だった人。どうしても、超有名で五輪を連覇した人がいたので、五輪出場ならず。やけくそでゴルフやったという人。親子二代で、柔道の整復師で、近くで整骨院やっている。現在もそこそこ有名な近所の大学の柔道部のコーチ。
 ただ、・・・どこかが痛いと言うと、どれどれといって、すぐ治してくれるけど、乱暴だから注意して。とくに、股関節割は注意。非常に痛い!

 そのプロコーチは、褒めるコーチで有名。
 ひたすら褒める。だから、今の時代にマッチしているかと。
 ただ、マスコミ嫌い。一度、取材うけたけど、ひどい記事だった、そうです。

 ただ、トレーナーがやや体育会系で、やや根性系。
 あと、レッスン中に、よくレッスンプロ同士で論争する。
 で、どっちとるか、あなたが判断してくださいとか、いわれる。
 は!!!!
 みたいなこともよくある。
 自己判断が、すごい要求される。
 でも、雰囲気はすごいいいです。

 非常にいい環境です。
 そこに月2回かよえるのは、幸福もの・・・・

 なお、左右の片手の袈裟斬りの素振り。
 これはいいな・・・
 私のときは、教えてくれなかった。
 私は、目線を教わった。素振りで、ヘッド軌道の残像を記憶する。いわゆる「宮本武蔵です」といっていたw
 これ今ではあちこちでもレッスンして有名だけど、最初に提案したのは、このコーチかとおもいます。

 左右の片手の袈裟斬りの素振り。
 しかも、ポジションを揃える。膝を揃える。左右の股関節の入り方がそろう。
 逆の右でやる。
 これ・・・右ヒンジングの調整にいいかと。
 どう?タニノチカラさん・・・
 
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/26(Sat) 21:11
>どう?タニノチカラさん・・・

どう?って、私にそのレッスン場を薦めているの?  それって、何県?

東京より遠くて、片道2時間って、ラインメタルさんは何県なの? 静岡あたり?

自分は関西なので、草津温泉あたりだと、2泊3日温泉付きで考えるけど(笑)
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/27(Sun) 00:19
 いや、タニノチカラさん

>左右の片手の袈裟斬りの素振り

 の件です。

 右腕でも、左肩から袈裟斬りしてみる・素振り。
 昔の名前さんが、つかまえてきたやつw
 の話です。

 なお、温泉はいいですね。
 そうですか、関西ですか・・・
 こっちは関東でも、北関東方面の話でした。
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/27(Sun) 14:21


>左右の片手の袈裟斬りの素振り

 は、ためしましたが、いいですね。
 とくに右手片手の、左肩からの袈裟斬り。
 いわゆる、反対の左素振りは有名ですが、こっちのほうが簡単。
 と、袈裟斬りの片手の素振りって、肩甲骨、股関節と連動するのがよくわかります。
 バランスがよくなるというか、普通に打った時の打ち出し方向が安定する効果もあるかとおもいます。

>素振りで、ヘッド軌道の残像を記憶する。いわゆる「宮本武蔵です」

 これは重要。いわゆる右サイドで落とすなり、突くなり、差すなり、叩き割るでもいいけど、この辺ができていないと、「残像」は記憶できない。ビハインドザボールの練習という人もいるけど、これスイング本来の質を問う、ドリルというか、素振りですね。

 また、いいことおしえてもらった。
[45291へのレス] Re: 右肘の落とす位置 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/27(Sun) 21:04
以前、東京都内(山手線内側)に住んでいたが、ゴルフ環境は最悪だったネ。
練習場は少なく、ゴルフ場へは、遠い・混むで、行き帰り共に2時間超えも。
今は、アクアラインや圏央道が出来て良くなったのかな。東京のゴルファーは大変ですね。 

「G物理学」の検証、土曜日に打ち込み、今日、今年最後のラウンドをしてきた。
結果は、前半30台、後半40台。 最後のラウンドなので、心置きなく70台で年を越したかったが、んん〜残念!

DR、アイアンに限らず、慣れてないとは言え、ラウンドで右45度のイメージで振るのは、結構勇気が要るね。
左切り上げをしっかりやれば、それほど右に出ないと頭では分かってきたが、体がまだ信頼していないらしく、動きがギクシャクして中途半端なミスショットが多かった。
当たり前だが、全然まだまだダナ。

しかし、↑のタイガーのショット前の両手の袈裟切り素振りは、中々良かった。
(タイガーは、フェードのイメージ作りだが、それを右45度で)

年明けの「新春杯」目指して、片手と両手の袈裟切り素振りをやってみましょう。
もう一つ、昔の名前さんの3つのポジション。
トップとフィニッシュと自分なりのポジションね、探してみましょう。

[45262] 過去:これで劇的に変化 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/14(Mon) 19:12
 年末です。のんびりといきましょう。
 で、お題は、
「過去に、これを教わったり、これやって、劇的に変化した(良くなった。悪くなった。両方可)」

 自分が経験したことに絞ります。
 他人のことには不介入で。

 ワシは3つほどある。

 ひとつは、「ゴルフでは常に右手が上・・・」

 ここの人ならすでに常識だとおもうが、これを教わった時に、劇的にスライスが消えた。劇的に飛距離がのびた。初心者の頃で、チタンでなくて、メタルやカーボンのドライバーが登場した頃。パーシモンをつかっている人もいた。アイアンはすべてMBの時代でした。当然、シャフトはすべてスチールというか、鉄筋みたいのもあったw
 
 実は、あと2つあるのだが、これは、確実に冷やかしがはいると思うので、様子みて書くことにする・笑。
 冷やかし禁止。

「ゴルフでは常に右手が上」
 しかしアドレスから、右手を上にするとは、まさに目からウロコでした。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/14(Mon) 19:59
 ケツのアナが、軸論。
 教えてくれたのは、最初の師匠であるオヤジ。

「ケツのアナに、鉄の棒を突っ込み、そこを軸にしてふればいい」
 となんともお下品な表現でした。

 これも、冷やかし禁止でお願いします・笑
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/14(Mon) 21:47
10年ほど前に倶楽部に入会した時に、研修会でローハンディの方が、インパクトで跳ね上がるように左膝を伸ばす打ち方をし、結構飛ばしていたのでビックリ!
直ぐには真似をしなかったが、数年前から自分も真似するようになった。(跳ね上がりまではしないが)

で、最近下記ブログを見て、物理的に「遠心力と向心力」の説明を聞き、ナルホドと。
で、コレ今実践中のスイングです。(次から次へとよ〜やるわ!…と突っ込みされそう。笑)

先日の研修会で、Sホール4H(200〜210Y)をU3でピン筋にビシバシだったので、ココ一連のブログを試した中では、一番自分に合っているかな。

hhttps://www.youtube.com/watch?v=NGuMpymyb5g
科学で飛距離アップ!「新・飛距離を伸ばす7つのステップ」【ゴルフスイング物理学】
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/14(Mon) 22:04
 いいか・・・絶対に、笑うなよ!
 冷やかすなよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 モーノーマン ハンマー打法
・・・・・・・・・・・・・・・・・

 どや!すごいだろうw
 ビデオ3巻、しかも、なんとその解説はあの江連忠さん(無名時代)

・・・・・・・・・・・・・・・・

 ゴルフを初めたばかり、やはりレッスンを受けたほうがいいとおもっていたら、先輩がもってきたビデオ。
「これで、鉄板」といっていたが、今、思うとその先輩は、やっと100を切ったぐらいだったとおもう。

 問題は、この「ハンマー打法」とやら、グリップを太くする。テニスのラケットのグリップに巻くやつを買ってきて、13本全部、グリップ太くしたw

 ただし、うまれて初めて、100切ったのが、このハンマー打法です。
 だから・・・・・・・・・笑うな!!!
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:Q 投稿日:2015/12/15(Tue) 01:05
理論とかではないんですが・・・
良かったのは、
「あんた、おちんちん付いてるんやったら、しっかり振りなさい!」
です。怠ける性格なので・・・。
良くなかったのは、
「ゆっくり振れば飛ぶ」
です。ゆっくり振って、は嘘じゃないんですが、時間と量が辛すぎました。いったい、何になりたいんやろ?っていつも思ってました。
練習場の係りのお兄さんにも、
「お前のバカスカ打った球、こっちは、拾って、洗って、乾かして、ワックス掛けて、打てるようにしてんのに、それやのにお前はまた、バカスカバカスカ打ちやがって泣泣泣」
みたいに言われたことあります。まぁ歩合じゃないもんね。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:taka 投稿日:2015/12/15(Tue) 08:10
腹筋のやり方を変えたら、前傾維持がよくなったことかな。腹筋するときに、股関節は絶対曲げない。これです。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:EAGLE 投稿日:2015/12/15(Tue) 17:47
 私がためになったのは、ハービー・ペニック氏の「死ぬ気で目標を定めなさい」です

練習場やラウンド中のショットやパッティングなどで、目標を一点に絞ることにより、集中力と精度が飛躍的に上がった気がします。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/15(Tue) 18:44
 大造さん。
 ところで・・・・

>「ゴルフでは常に右手が上」
> しかしアドレスから、右手を上にするとは、まさに目からウロコ

 って、どうやってグリップして、どうやってアドレスするんですか?
 いや、これは冷やかしでなくてw
 素朴に疑問。

 タニノチカラさん。
https://www.youtube.com/watch?v=NGuMpymyb5g
 ですが、私も大造さんに教えられて、びっくり。
 私がやろうしていることが、すべて書いてあった。
>次から次へとよ〜やるわ!
 でなくて、目指しているスイングの系譜というか、方向は、一致しているとおもいます。
 私も、完全に一致しています。
 いや・・・ハンマー打法を2年。ミズノゴルフスクール5年、そして突く差すから、短いようで、長い道のり、これから先も長いだろう・・・

 なお、右サイドでフル素振りですが、ここでも紹介されていますね。
 それなんだよね、それ・・・俺がやりたいことは・・って感じです。
 そか、タニノチカラさんは、左の股関節の使い方にいったのか・・・など、大変興味深いです。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/15(Tue) 22:23
昔の名前さんのやろうとしている事は、これじゃないかな〜と、もっと早く書こうと思っていたのだが、タイミングを外してしまって、スミマセン。

色々と書こうと思ったが、明日の朝が早いので、この辺で失礼! また明日ネ。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:Q 投稿日:2015/12/15(Tue) 23:20
あれだと確定的にさよならの乙狩り様 民事不介入だつるとも自粛ががまんしてロムの静観だ しばしあばよ
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/16(Wed) 12:17
【ゴルフスイング物理学】
 役にたって、よかったようですね。
 ワシはストレッチの参考にさせてもらっている。

 タニノチカラさんは、相当以前から、左股関節の切り上げとか、左足伸ばしとか、いっていたな。一度、じっくり聞こうとおもっていたが、なるほど、そういうことだったのか。
 やっとわかった。

アドレスでも右手上だが、
 アドレスで、まっすぐたって、クラブを水平にしてグリップ。この時、右手上になっている。そのまま前傾してアドレス。つまり、体にたいして、常に右手は上という考え方。
 ただし、ハンドダウンになりやすいので注意。
 昔の、MBのアイアンは、つかまらないから非力な人はいろいろ工夫した。そのひとつ。ただ、今のアイアンでやるとつかまりすぎるかと。

 ただ、このアドレスのいいところは、
 ダウンで、ギリギリまでグリップを下におろさないと、うまくあたらない。いわゆる、グリップを下ろしきる・・・が必然的にみにつく。
 このあたりを、知っている人は、池田勇太プロが登場したときに、「ニヤリ」とした。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:taka 投稿日:2015/12/16(Wed) 13:55
左膝って、左腰をちゃんと回すと、伸びるように思うんですけど、意識したほうが、いいんですかね。左肩って後ろにひくと、肩が引けて良くないように思うんですけど。今のプロって肩ひけないよね。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/16(Wed) 16:25
大造さん、池田勇太プロで一発で理解できた。
takaさん、そこまでたどり着いていません^^;
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/16(Wed) 17:57
【ゴルフスイング物理学】
 いいですね。
 たしかに、ストレッチとしても使える。

 体重移動から入ったので、左へのスェー癖で悩んだ時期があった。こうした動画があればと思いますね。
 体重移動→重心移動

 ただ、アマのゴルフは、基本的に個人の好みでいいとおもうので、【ゴルフスイング物理学】はダメだ!嫌いだ!という人がいてもいいと思います。

基本でいうと、
https://www.youtube.com/watch?v=pCHujJdHoO8
ですね。
昔の名前さんは、これ見たんだろうな!
右向いているうちに、上から下へ斜めに切る。タニノチカラがいっていた、袈裟斬りですね。
突く差すとも通じますね。
ポイントは、右向いているうちにやっちゃうみたいな。

あと、これも好みなるかと思いますが、基本的にこの系統のゴルフは、腰は回さない。左腰も回さない。それで、左股関節とか左膝の使い方になるのかと思います。
左肩の引きですが、右サイドで、右向いて、右側で袈裟斬りができたら、自動的に左肩は引き上げるような動きをすると思います。
この辺は、うちのサークルでも意見のわかれるところですね。
基本的に、意識して動作する部分でないのかと思います。自動的にそうなる・・・という意見派に私も入ります。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/16(Wed) 18:20
 なお、モーノーマンですが、そんなに悪くないかと。
 転勤で大阪に勤務していたことがあったのですが・・ま、関西のトリッキーなコースにかなりいじめられたのだが・・・それはおいておいて、大阪で「ハンマー打法」をレッスンしていたプロがいたと思います。
 かなり上手な人で、テンフィがーで握り、太めのグリップの人がいた。関西というのは、自由なんだな・・・とおもった記憶があります。へそ曲がりというか、自由というか、勝手が通じるというか。創意工夫が得意というか。

 なお、サラリーマンのトップアマから、シニアプロになったら、田村プロですが、何度かラウンドさせていただいたことがありますが、独特なスイングですね。系統的には、モーノーマン系だとおもいましたよ。グリップは普通のグリップだったけれど。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/16(Wed) 21:34
Qさん、言葉が変だよ、何か変なもの食べた?!
大造さんが、先に紹介していたのですね。見てなかった!ゴメンナサイ。
takaさん、回すと伸びないよ。切り上げると、伸びる。

昔の名前さん、ラインメタルさんの分も含めて、最初から見た方がわかりやすいし、出来たら一連全部を見た方が良いかも。特に下記(多分その1かな)もね。
hhttps://www.youtube.com/watch?v=lHJ6LSqA0-g

>タニノチカラさんは、左の股関節の使い方にいったのか・
左股関節は、太造さんの言うように、以前からやっていたけれど、理論的な説明がナルホドと。

その他の部分も試していますよ。土曜日に450球打って、翌日の研修会で即実践(笑)

不思議にUTとウエッジは上手く打てたが、最初ドライバーを飛球線に縦に振るなんて勇気が要ったね。
スタートHいきなりチーピンで林の中。それ以降、前半は左ラフばっかりだったが、後半、インパクトを少しハンドファースト気味(グリップEを左股関節内側ではなく、少し外側に刺した)にしたら、綺麗なドローが出るようなったが、ドライバーはまだまだダナ(あたり前か!)

内の研修会は、上位の成績者はご褒美、下位は罰則。今回は罰則覚悟で全打席上記スイングを通したが、フルバックでもピン位置手前が多かったので、ドライバーを曲げてもなんとかグリンエッジ近辺まで運んで、アプとパットで凌げたので、ご褒美を頂いた(笑)

まあ、縦とか横とかに拘らずに、ストレッチも含めて、暫くこの映像通りにやってみよう。結構カッコ良いしね。
来シーズンまで時間はタップリあるし、何か掴めるかもネ。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/17(Thu) 21:27
期待していた?突っ込みがないので、連チャンします。
普通の名前さんと、認識を共通するために、実践で気になった点を何点か。

1、ドライバーで、普通はダウンで右足横を差すが、コレは球を差しますね。それも、コックを限界まで解かずに。
なので、球の近くでのコック開放&左股関節・左肩切り上げによるダブル効果で、恐ろしいスピードでヘッドが返ります。

ハンドファーストにしたのは、少しでも返るタイミングを遅くする為だったが、グリップ、アドレスとかを一考する必要があるかも。
また、限界までコックをキープする為、逆に間に合わないかと言う気になって、意識して右手で返してしまう事も。お陰で、右手首が疲れた(笑)

2、アイアンの場合、前倒しのイメージでいくと、メッチャチーピンに。
アドレスでヘッドを少しオープンにして、インパクトをヒールから入れるイメージで、普段より多め?のハンドファーストが良いのかも。又は、ヘッドを返さない位のイメージで丁度いいかな。

3、ダウンで右を向いている時間が少し多めになる為、クラブが背中から出てくるイメージがあり。
少し前の女子プロの試合で、ガルシア並みのコックで、背中に落とすジュニアが出ていて、樋口さんも笑いながら感心していたが、あの感じ。もちろん、そこまで体が柔らくないので、あくまでイメージ。

4、「スイングはインパクト迄、フォローは勝手になる」と言うのは、桑田氏の理論と同じですね。打って終わり?!

5、このスイングは、確かに飛球線に振るより力が入りやすく、上手く自分のモノにすれば、飛距離は伸びると思う。このトレーナー?が言うように、250Yは堅い?!

また、方向性を上げるために、最後まで飛球線に縦に振るのではなく(当たり前か)、ヘッドプレーンをどうイメージするか、ですね。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/17(Thu) 23:50
 タニノチカラさん、ありがとうございます。
 正直まだまだですが

>3、ダウンで右を向いている時間が少し多めになる為、クラブが背中から出てくるイメージ

 ラインメタルさんがいうところの、
>右向いているうちに、上から下へ斜めに切る。

 がやっとつかめだした。

 というところですね。
 練習場で、1wが最初は、左へのひっかけが連発。
 そこで、相当に、しっかりと肩をいれるというか、しっかりとトップをいれた。そうしたら、徐々に、まっすぐ出て、ドロー系。でもまだまだ、左への引っ掛けがでるというところです。
 ただし、これまでより、はるかに飛んでいます。
 本日は、ここまで。
 素振りの効果ありですね。
 しばらく、練習場での打ち込みが必要なようです。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/18(Fri) 09:45
普通のスイングでも、下半身の切れ・スピードが鈍ると、ダフリ、フックが出やすいので、このスイングだと、もっとスピードを上げる必要があるかも。

太造さんの言う、バリバリのアスリート用のストレッチも合わせてやらないといけませんね。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/18(Fri) 12:43

 このスイングは、ご指摘の通りに、下半身の切れを要求しますね。
 スピードを体全体であげる必要がある。
 ただ、突く差すから、はいっていれば、そのへんの折り合いはつくのではないかと、見守りたい。
>限界までコックをキープする
 感覚は、まさに突く差すのドリルがいいかと。
 左股関節が自然と切り上がる感覚も同時にドリルできるかと。

 なお、右向いているうちに、上から下へ斜めに切る。
 なのだが、相当以前に、ここで、
「左肩に目がある」という指摘があった。
 トップではいった左肩の目が、打球方向を見続ける・・とかいう内容。
 ほう!とおもったが、反応はほとんどなかったどころか、否定的に扱われたとおもう。

「左肩に目がある」は、割と古典的にいわれてきた感覚。
 ただし、せっかく左肩に目があっても、体重移動したり、腰を回すと、せっかくの目が見えなくなる。
 おしいな・・とおもったことがあった。
 左肩の目をもう一度、確認してもいいかと。

 ポイントは、右腰を回さないこと。でも、左腰はまわる。
 という、詐欺師の口上みたいになる。
 そんな馬鹿な!と一笑されかねない。
 だから、股関節なのですね。
 これが、できるできないは、別にして、感覚的にも理論的にも理解できたら、スイングは大きくかわるし、安定しますね。
 腰痛になることもなくなる・笑
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/18(Fri) 12:48

 訂正

>左肩に目がある

 は、

 左肩の後ろに目がある

 でしたね。

 個人的には、斜め後ろでもいいかと。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/18(Fri) 13:07
>バリバリのアスリート用のストレッチ

 で、ワシが気にいっているのは、
 左股関節のストレッチで、内旋させるストレッチ。
 これは、目からウロコだった。
 10日ぐらいやってみたが、左股関節のキレがよくなった。

 これは、誰かが指摘していたが、
 左股関節を切り上げるというと、力を外へ逃がしてしまう場合が多い。たいてい、これでみな断念するかと。
 実は、この辺についてみなさんの意見を聞きたかった。
 個人的には、ここがワシの改善ポイントです。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:ラインメタル 投稿日:2015/12/18(Fri) 18:24
>ポイントは、右腰を回さないこと。でも、左腰はまわる。
>という、詐欺師の口上みたいになる。

 に苦笑いしました。
 そういえば、私も詐欺師の口上みたいことをいっている。

「左股関節に接近していった、右股関節の上で振っている」

 どうやって、左右の股関節が接近するんじゃい!
 おまえの、左右の股関節間は、収縮するのか!
 w・・・・

 これは前も書いたけれど、レッスンプロから体重移動をおしえてもらい、これが、オーヴァードウーになっていた。ただ、アイスホッケーやっていたので、天然のスプリットハンド。つまり、天然のフッカー。ローテとか、ひっくり返しとかそれ以前。兄貴は野球をやっていたので、天然のスライサー。おなじレッスンプロについていたので、「兄弟で足して2で割るとちょうどいいと」とまでいわれた・笑。

 そこで、いわゆるスライスになる下半身の使い方を教えられた。大胆に体重移動して、腰を開いていく。
 ま、たしかに、相殺されて、ストレートになることもあるが、今度は、スライスもでるようになる。つまり、天然のフッカーがぐちゃぐちゃになった瞬間。
 どうも、ここから、かなり過剰な体重移動。
 いわゆる、左へスェーしまくりしたわけです。
 その矯正もあって、右股関節の上で振るようになった。
 そうしたら、ちょうどいい。
 そこで、接近する右股関節という詐欺の口上になったかも。

 昔の名前さんが、より深いトップ、高いトップを意識されたらいい感じ・・・というのは、すごい納得します。
 昔の名前さんも、かなりの期間、スクールへかよっていたということ。たぶん、初心者には、おしえないけど、ある程度いったら、Qさんじゃないけど、ギリギリのトップの位置を、レッスンプロは教えると思います。まさに、体が、ギシギシいうポジション。ホント、泣きたくなるぐらいきついポジジョン。しかも、右へスェーするな、右膝は動かさすな、右股関節をしっかりはめろとか・・・。
 それを思い出すといいかもしれませんね。
 なお、体がギシギシいうようなトップのポジションというのは、不思議で半年もやっていると、慣れてくる。ギシギシいわなくなる。
 ただ、ちょっと手を抜くと、そのポジションを忘れて、楽なポジションでスイングしてしまう。アイアンとかそれで十分だけど、やはりドライバーだとだめですね。
 ですから、定期的に、このギシギシいったトップのポジションを思い出すようにしています。
 本当は、そのレッスンプロ氏に、また見てもらいたいのですが、今は、某メーカーの専属になってしまい、一般アマのレッスンはしていないとのこと。ただ、今も、メール友達w
 来週、忘年会があるのですが、そこであうのがすごい楽しみです。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:昔の名前 投稿日:2015/12/18(Fri) 21:23
>体が、ギシギシいうような、トップのポジション

 たしかに・・・
 そこで、右にスェーするのでさんざん、注意された。
 楽してトップをとっていたのを、実感。

 なお、左肩の目・・・なるほどですね。

 非常にいい感じできているので、少し書き込みは控えます。
 というか、まだ、確信までいっていない。

 さて、週末は打ち込みやります。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:アキ 投稿日:2015/12/19(Sat) 12:31
>【ゴルフスイング物理学】

へえ〜、こんな動画あったんすね。

キモはやっぱ落とすこと。
落ちないんなら、手元をムダに上げないことっすね。

まっ、頑張ってくださいっす!
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:タニノチカラ 投稿日:2015/12/19(Sat) 19:58
>体がギシギシいうようなトップのポジション

面白い事に、飛球線に縦に振ろうとすると、肩の入りが一段深く入りますヨ。

体の部分をどうするかを考えるのではなく、目的・イメージを考える事によって、体が勝手にその様に動く。
無意識の意識、コレですね、ゴルフスイングは!(笑)


>左股関節のストレッチで、内旋させるストレッチ。これは、目からウロコだった。10日ぐらいやってみたが、左股関節のキレがよくなった。

正に同感です!
自分がジムに行き始めて、一番辛かったのが、股関節の内転、外転のマシーン。
他のマシーンに比べてかなり負荷を少なくしたのに、痛くて涙が出そうになった。

股関節の切り上げって偉そうに言っていたが、そのパワーは半分も出ていなかったに違いない。
それから半年経って、倍の負荷でも楽々クリアー出来る様になった。

通常、股関節の外転、内転ってあまり使わない筋肉なので、ゴルファーは鍛える必要がありますね。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:大造(通りすがらない改め) 投稿日:2015/12/20(Sun) 11:28
 トップを深くいれる・・というか、ちゃんと肩をいれる。
 実は、ゴルフではこれが最初の関門だとおもう。
 アイアン等、飛ばす必要がなくても、トップはちゃんといれる習慣をつけると、弾道が安定する。
 トップの作り方や、チェックは、やはりレッスンプロにみてもらったほうがいいとおもう。それぞれ、体の事情もあるから。
 レッスンプロ活用の第一目的。

 ワシの周りでは、シニア向けのレッスンが流行している。
 いわゆる定年退職をむかえて、本格的にやろうというひと。
 体力やら、筋力は衰えているが、暇というか時間だけはある。
 気力とやる気さえあれば、健康にもゴルフにもいい。
 みていたら、ここでも最初の関門はトップ。
 つまり、いままで、いかにだらしがないトップをつくっていたかが、わかる。そこでストレッチを組み込みながら、トップつくりをしている。
 このレッスンプロは、なかなか・・・とおもう。
 肩こりが治ったとか・・・五十肩がなおったとか・・・猫背がなおったとか・・・
 実際に、常に満杯。予約まちの状態。
 巷のレッスンプロ氏は、真似していいとおもう。
 客が、一気にふえるw

 股関節のストレッチ・・・ご指摘の通りにすごく重要ですね。
 普段、あまりつかわない。しかし、ゴルフでは、どんなスイングをするにしても、土台になる部分かとおもいます。腰痛防止にもなる。
 基本は、相撲でいうところの四股が有名だけど、あれだと外転だけになるとおもう。他にもいいストレッチがあれば、ぜひ紹介しあいましょう。
 ストレッチ専門のスレたててもいいかもしれませんね。
[45262へのレス] Re: 過去:これで劇的に変化 投稿者:taka 投稿日:2015/12/20(Sun) 18:46
ビデオの肩のストレッチは、いわゆる、アウターマッスルですよね。最近は、スイングで、重要なのは、インナーマッスルみたいなことをいいますよね。